黒川 寛譲さま

お客様の声 黒川 寛譲様

~豊年萬福~
ロンリープラネットでも紹介されている、海外のお客様にも大人気の日本食店。
日本橋界隈の老舗の味を取り入れたメニューはもちろん、和の雰囲気漂う店内や日本橋川を一望できるテラス席も人気です。

今日はお時間いただきどうもありがとうございます!インタビューどうぞよろしくお願いします。

よろしくお願いします。

早速ですが、そもそも、クロは正社員じゃなくてアルバイトじゃないですか?どうやってこの英会話レッスンの事を知ったんですか?

朝礼で店長から発表がありました。会社全体で英会話をやる事になったのですが、受けたい方いますか?みたいな。社員さんだけじゃなくバイトさんも受けられますよって聞いたので。このレッスンは休憩時間に受けられるじゃないですか?それじゃあ受けようかな、みたいな。

(会社の方針で、)この接客英会話レッスンは全額自腹じゃないですか?自分で払ってでもやりたいと思ったのは何でですか?

今習い事とか何もやっていないですし、「休憩時間に出来る」っていうのが自分的には魅力だったんですよ。先生がお店まで来てくれるし。個人で受けようと思ったら休みの日しか行けないじゃないですか?でも仕事的に休みはバラバラなのでなかなか通うのは難しいですし。でもこのレッスンは休憩時間に出来て、みんなも受けるって言ってたので、「せっかくの機会だし受けてみようかな」って思いました。本当に軽い気持ちですけど(笑)

キッチンなのに接客英会話レッスンを受けたいって思うってすごくないですか?

いや、接客英会話だって知らなかったんですよ。もっと日常英会話をやるのかと思ってました。なので、受けてから「あ、こういうホールさん系なのね」って気づきました。
でも、レッスンの後半から日常英会話もいっぱいやるようになったので、ありがたいなと。これはキッチンもホールも全然関係ないので。

ちなみに、学生時代、英語は好きでした?

いや、めっちゃ嫌いでした。

そうなんですか?それはなぜ?

中学校の時の英語の先生が好きじゃなかったからです。しかも何か難しくないですか?あと、「海外行く事もないしいいっしょ」みたいな。でもまぁ、大人になって、せっかく覚えられるチャンスがあるんなら覚えようかなって。

じゃあ、本当に英語が嫌いだったわけではないんでしょうね、多分。

どうなんですかね。先生はめっちゃ嫌いでしたよ。でも、覚えた方がいいか、覚えなくてもいいかって言ったら、覚えた方がいいじゃないですか。なのでせっかく覚えられるんだし。休憩中とか、みんな寝てるだけなんですよ、実際。だったら週に1回くらい授業受けるだけで覚えられるんなら、やった方が良くない?って。

とは言え、結構宿題も多いじゃないですか?

それはビックリしました。1発目の授業で「宿題あるの!?」って思いました。まぁでも宿題なかったら、逆に覚えられなかったですよね。その時その時はイヤでしたけど、結果宿題があってよかったですね。

すっごい言い方悪いですけど、レッスン初日のクロの英語って結構ひどかったじゃないですか?(笑)

はい、自分でもそう思いますもん。

でも、1回目の実戦練習やった時にぜーんぶ覚えてきてて、多分相当努力されたんだろうなって思いました。

めっちゃ覚えましたもん。だって、初日のレッスンで既にレベルの差が出来てたじゃないですか?それがすっごいイヤだったんですよ。受ける前にみんな「全然出来ないよー」とか言ってたから、「俺名前くらいしか言えないっすよ」って言ったら、「趣味とか言えばいいんじゃない?」みたいに言われて。「いや、趣味を英語で何て言うか分かんないし」みたいな。でもみんな、当たり前の様に趣味とか自己紹介で言ってたじゃないですか?「何なん、こいつら!」って(笑)「すげーな!」って思って。なので、せっかく宿題出たし、覚えられないのもイヤだったので、仕事終わってからやってました。
実際、先生はギリギリ覚えられるくらいの範囲を宿題で出してくるじゃないですか?「がんばれば覚えられるよ?」くらいな感じでギリギリのラインを攻めてくるじゃないですか?それが膨大だったら早いうちに諦められるんですけど、「いや、まぁ覚えられない事はない」みたいなところなので。だからじゃないですか?

通勤時間にとかですか?

いや、自分は家が近いので。他のメンバーは電車の中でやってるって言ってましたけど、自分は家に帰ってからやってましたね。基本前日ですけど(笑)

じゃあ、あの素晴らしかった実践練習も一夜漬けでした?

いや、あの頃はまだ時間がある時にちょくちょくやってましたね。でも実戦練習がひと段落した頃から、パタっと覚えてこなくなったじゃないですか?あれくらいの時から前日にぱぱっとやってましたね。

集中力が抜けたな~とは思っていました(笑)
では、レッスンの雰囲気はどうですか?

自分は好きですけど、申し訳ないなって思っちゃいます。敦子さんとか。

なんで?

敦子さんが社員旅行でいなかった時があったじゃないですか?あの時なんかまぁー進まなかったですよね、レッスンが。こんなに遅い!?って。考える時間が多くて全然進まなくて。で逆に、この間敦子さんと自分の2人だったじゃないですか?あの時自分たまたま宿題やってきてた時だったので、そん時結構進んだじゃないですか?「あ、これな~」みたいな(笑)本来こうあるべきだよなーって。なので、自分らみたいに下のレベルからしたら、引っ張ってってくれてありがたいですけど、下のレベルだけのクラスになった時は・・・って感じですよね。

まぁ、そこはバランスが取れてていいんじゃないですか?

いいんですかね?自分的にはありがたいですけど。

特にこの班はメンバーの仲がいいので、いっつも笑いに溢れていましたよね。私もすっごく楽しかったです。

あ、よかったです。

じゃあ、このレッスンで最も学んだことって何ですか?

最も学んだこと?「攻めの精神」。

攻めの精神(笑)

単語とか分かんないじゃないですか?「知らない」を何ていうか知らない、みたいな。でもそこは聞いたり、聞くことを恥ずかしいと思わない、みたいな。

でもそこは、レッスン始まる前からクロは出来ていたじゃないですか?(笑)

いやでも、改めて大事だなって思いました(笑)

では最後に、このレッスンの良かったところと、「ここを改善したらもっとよくなるんじゃないかな」というアドバイスがありましたらお願いします。

よかったところは、休憩中に出来る、宿題がある、ゲームがいっぱいで楽しんでできる。
改善案は、もっと日常英会話を増やしてほしい、ですね。あとはグループ替えとかあっても面白いですね。

クロ、どうもありがとうございました!!

接客英会話向けレッスンを
受講したお客様の声