上田 健矢さま

お客様の声 上田 健矢様

~Lanterne~
代々木上原駅の目の前にある、名物からあげとハイボールが評判の居酒屋。

ではよろしくお願いします。

よろしくお願いします。

 

このレッスンって、「やりたい」と手を挙げた方のみが参加されているじゃないですか?どうして参加しようって思ったんですか?

僕の場合は僕の意思関係なく、勝手に参加ってなっていました。

 

えぇ!何でですか?(笑)

いや、なんか「みんなやるからやるよね」みたいに言われて、「あ、はい。」みたいな(笑)

 

そうだったんですね!Ken-Ken だけ強制参加だったんですね(笑)ちなみに Ken-Ken、学生の頃って英語の成績はいかがでした?

いや、僕もう超悪いですよ。中学と時とか、5段階で2とか。

 

おぉ(笑)高校は?

高校は、もう中学で英語を諦めちゃっていたので、赤点取らなきゃいいくらいのレベルでした。

 

そうなんですね。苦手でしたか?

苦手…でしたね。

 

レッスン始まってからも、しばらくはついていくのがやっとという感じだったじゃないですか?でも、チームチェンジをして、そこから急に変態されてじゃないですか?あれはどうしてですか?

楽しくやってみようかなって思って。勉強ってなんか、「勉強しなさい」って言われたら出来ないけど、楽しくやろうと思えば出来るのかなって。

 

どうやって復習されていたんですか?

もともと暗記は得なんですよ。歴史とかはすごい得意だったんです。最初はやらされてる感があったので、「英語見たくない。」「英語すきじゃないし。」という気持ちが強かったんですけど、どうやったら楽しく出来るかなって考えたら、シーンってなるのが好きじゃないんですね。なので、とりあえず面白そうに授業受けようって。それがたまたまチーム替えのタイミングでした。

 

では、レッスンを受けてみて、レッスンの雰囲気っていかがですか?

いや、楽しいですよ。何でも聞けるし、楽しくやっています。

 

レベルは難しいですか?

僕本当に英語分かんなくて。難しいですけど、今だから勉強出来るんだろうなって。海外のお客さん来て、「あ、しゃべりたい!」って思った時に、「習ったことと使ってみよう。」ってなるので。

 

じゃあ本当にタイミングが良かったんですね。

そうですね。でもやっぱり、難しいです。

 

最近は海外のお客様お見えになっていますか?

そうですね、週に数組。

 

話す機会ってありますか? ※Ken-Ken はシェフなのです。

いや、もう自分から話に行っています。”Same one?”(同じのでいいですか?)とか(笑)

 

あはは!どうしてそんなに喋りたいんですか?元から?

一番最初に話しかけた時に、めっちゃ笑われたんですよ。笑われるってことは面白いんだろうなって思って。

 

笑いがとれて嬉しかったんですね!

嬉しい(笑)嬉しかったです。

でも、何を言えば良いか分からないと話しかけられないじゃないですか?なのでそれから “I study English.” とか言ったり、やたら英語で話しかけています。そうすると、お客さんも “I study Japanese.” って言ってくれたり。

 

そうなんですね(笑)もともと、海外の方と話したいという願望はあったんですか?

喋ってみたいと思ってはいましたけど、英語が好きではなかったので、「俺には出来ない。」って思っていましたね。学生のバイトの子とか喋れるので、その子に任せていました。

 

でも今は話せるようになったので、行けるようにもなったんですね。

あと、覚えた事を使えるのが嬉しい。そういうのが楽しくて、海外のお客さんが来たら話しかけるようにしています。

 

では、レッスンの感想をざっくりと教えて下さい。

先生も厳しく教えるわけではないじゃないですか。怒られちゃうとシュンってなっちゃいますけど、「こういうのを言っていいんだ。」っていうのが分かってきて楽しくなりました。

 

以前よりも英語が好きになりました?

そうですね。確実に喋れたら楽しいなって思います。

 

それでは最後に、今後レッスンで取り入れて欲しい事って何かありますか?

日常会話ですね。接客英会話以外で、もっと普通のくだけた会話を知りたいです。「おいしい?」って聞くのも、友達に聞くみたな質問とか。後は、軽くジョークだったりウケが取れるような英語も知りたいです。

 

Ken-Ken、どうもありがとうございました!

接客英会話向けレッスンを
受講したお客様の声