すべての飲食店に接客英会話を。華ひらくの接客英会話ブログ

飲食店が訪日外国人への接客力をあげる方法

カフェでの接客英会話⑧ お味の確認を英語でする方法

カフェでの接客英会話⑧ お味の確認を英語でする方法

カフェで使える!お味の確認をする際の接客英会話

こんにちは!
アメリカ・ラスベガス近くのカジノホテルでウエイトレスをしていました、
飲食店専門の接客英会話講師の内木美樹です。​

 

前回までの動画では、これらをご紹介しました。

  1. カフェでお出迎えの際の接客英会話 ~予約なし~
  2. カフェでお出迎えの際の接客英会話 ~予約あり~
  3. カフェでドリンクオーダーを取る際の接客英会話
  4. お料理のご注文を取る際の接客英会話(1)
  5. お料理のご注文を取る際の接客英会話(2)
  6. 前菜のサラダをお出しする際の接客英会話
  7. メインのお料理をお出しする際の接客英会話

 

 

 

さて、今回の動画は、カフェでお味の確認をする際の接客英会話です。

  • 「おしぼりです。よろしければお使いください」
  • 「お味はいかがですか? 」
  • 「他のお飲み物はいかがですか?」

こちらの3つを英語で何て言うかをご紹介します♪

 

 

 

「おしぼりです。よろしければお使いください。」を英語で何て言う?

 

「よろしければ」は “If you would like” という言い方をします。

この動画の場合、男性のお客様はハンバーガーを召し上がっていますので、手にソースが付いて汚れてしまうかもしれませんよね。

ハンバーガーやフライドチキンの様に、お箸やフォークやスプーンを使わないで食べる物をご注文された方には、ウェットティッシュをお出しすると、とても喜ばれます(^ ^)

ただ、おしぼりはあまり海外では馴染みのないものなので、おしぼりを渡されたところで「これ、何に使うの?」という方がいらっしゃるかもしれません。

ですので、” for wiping your hands.” (手を拭くためのものです。)と付け足すと、海外のお客様を混乱させてしまう事がなくなりますよ。

ちょっと長い英語なので難しいと思いますが、言える方は是非挑戦してみてください!

 

 

 

「お味はいかがですか?」って英語で何て言う?

 

日本では高級店以外、お味の確認をするお店は少ないと思うのですが、私がいたネバダ州では、ファストフード店とビュッフェ以外ではどのお店もこの様に聞いていました。

と言うのも、そうする事で、お客様の生のお声を拾えるからです。

大概の場合、「お味はいかがですか?」と聞くと「おいしいです。」や「今のところ問題ないです。」とお客様はおっしゃるのですが、稀に、

等、言って下さいます。

そうしたらすぐに、

「すみません、すぐに焼き直しますので、一旦ステーキを頂いてもいいですか?」

や、

「すみません、すぐに別のポテトをお持ちします。」

とご対応が出来ます。

逆に、サーバー側がこの様な質問をしなければ、お客様の不満に気づけず、ご満足頂けないまま帰られてしまうかもしれません。

 

また、”Is everything OK?” と聞けば、オーダーミスを防げるというメリットがあります。

先日生徒さんから聞いたお話なのですが、海外のお客様がお見えになった際、お店側のミスで1皿お出しし忘れたお料理があったらしいんですね。

しかも、”Is everything OK?” と確認するのも忘れてしまっていたが故に店員さんも気づかず、全員が食べ終わる頃に、1人のお客様が

「私のお料理まだ来てないんですけど…。」

とおっしゃって、そこで初めて出し忘れがあった事が発覚したと。

なので、「これからは必ず ”Is everything OK?” と聞くようにします!」と生徒さんがおっしゃっていました。

この様に、お味の確認や出し忘れがないか等のチェックも出来ますので、お客様がメインのお料理を2~3口召し上がった頃に、 “Is everything OK?” と聞いてみましょう!

 

 

 

「他のお飲み物いかがですか?」を英語で何て言う?

 

何かをご提案する時は “Would you like ~?” 、これはもう鉄板ですね!

ちなみに、私がカジノホテルのレストランで働き始めた時、マネージャーから

「お客様のお飲み物の残りが1/3位になった頃に、お替りや他のお飲み物の確認をする様に」

と習いました。

日本では比較的、お客様からご注文を頂くのを待つ傾向にありますが、

「頼みたいけど店員さんがいない。」
「忙しそうで声をかけづらい。」

等の理由で注文しづらい場面があったり、

「この一杯で終わりにしようかと思っていたけど、『次どうしますか?』と聞かれたのでもう一杯頼んじゃった♪」

という事も多々起こり得ますので、皆さんの方からさらっと「次はどうされますか?」と聞くのは全然失礼にあたらないです。

 

むしろ、弊社が行った独自の街頭インタビューでは、海外のお客様の88%は「店員さんに提案をしてもらいたい」とお思いだという事が分かりましたので、

「他のお飲み物はいかがですか?」
「次は何にされますか?」

と聞くと喜ばれますよ。

ご注文を頂くのを「待つ」のではなく、皆さんの方からも「ご提案をする」という事をされてみてはいかがですか?

 

 

 

written by 内木美樹(華ひらく代表取締役/飲食店インバウンドの専門家)

 

タグ

アーカイブ


最新動画をcheck!

Yutubeで接客英会話を学びませんか? Yutubeで接客英会話を学びませんか?

飲食店で使える英会話のテクニック動画を定期的に配信します。
外国の方が来店した時に慌てない、「やった!」と思える自分に!

Youtubeチャンネルを観る

@LINEで接客英会話情報をチェック! @LINEで接客英会話情報をチェック!

最近の動画やブログ講演の情報をお届けします。
通勤途中に、家事の合間に、寝る前に、片手でいつでも気軽に学べます。

友達に追加する
定期的に情報を更新・接客に役立つ英会話 定期的に情報を更新・接客に役立つ英会話

外国人も通いやすいお店づくりしませんか?

日本人からも外国人からも人気のあるお店になれたら、世界中にお店のファンが増えます。
国籍や言語という壁をなくし、日本を含めた世界中の人たちから「またあのお店に行きたい!」 と思ってもらえるお店になれるように、 接客英会話や英語のメニューの習得はいかがでしょうか。彼ら・彼女らは日本食を楽しみにしているからこそ、店内のスタッフとコミュニケーションをとりたがっています。
飲食店の基本である、お店の雰囲気、料理、そして接客。海外対応できる接客、華ひらくと一緒につくっていきませんか。

もしも、貴社の従業員が英語を話せたら
お店の可能性はどのくらい広がるでしょうか?

接客英会話向けレッスンを
受講したお客様の声