すべての飲食店に接客英会話を。華ひらくの接客英会話ブログ

飲食店が訪日外国人への接客力をあげる方法

浅草で外国人に街頭インタビュー!「飲食店の店員からおすすめを提案されるのは好きですか?」

浅草で外国人に街頭インタビュー!「飲食店の店員からおすすめを提案されるのは好きですか?」

35人の外国人に街頭インタビュー

※「外国人」という言葉は失礼だと思うので極力使わないようにしているのですが、タイトルでのみ使用しています。

こんにちは!
(株)華ひらくで代表をしております、飲食店インバウンド専門家の内木美樹です。
寒空の中、半ば震えながら海外の方に街頭インタビューを続けるています(^ ^;)

今回も浅草で、35名の方にお話を伺う事が出来ました。
さて、その質問はこちら↓

「あなたは、飲食店の店員からおすすめを提案されるのを好みますか?」

「今日の当店のおすすめは~、」
「本日のシェフのスペシャリテは~、」
等、海外では席に着いたお客様に担当サーバーが『本日のおすすめ』をお伝えする事はよくある事です。

しかし、日本ではそこまで広まっていないこの文化。(というか価値観?)
中には、
「押し売りみたいになるから、聞かれたら答えるけど聞かれなければ特に何も提案しない。」
とお考えのサーバーも多いのでは?

そこで、浅草を散策されていた海外の方はどうお考えなのかを聞いてみました。
まずは答えて下さった方々の情報です。

 

外国人の出身国

※インタビューさせていただいた方は、「明らかに日本人とは違う外見」という基準で話しかけています。よって、中国や韓国といった東アジアの方々のお話はなかなか聞けていません。

これまでの経験上、
「3名以上のグループだと全員のお話を聞けない」
という事が分かっています。
例えば3名のグループに話しかけても、2名と歯じっくり話せても、残りの1名は途中でふら~っとどこかに消えてしまうのです(汗)
ですので、お声掛けは極力2名のグループにしています。

 

 

外国人の男女比

たまたまかもしれませんが、私がインタビューに行った日はどうも男性が多かったように見えました。
最初の8名は全員男性だったので、極力男女比を半分にしたくて女性を探しながらお声掛けしていたのですが、結局この結果…。
次回インタビューも浅草を予定していますので、「浅草寺には男性の外国人観光客の方が多いのか?」という仮説を調べてみようと思います。

 

インタビューの結果

さて、ではインタビューさせていただいた質問の結果発表です。
それがこちら↓

「おすすめを教えてもらいたい」と答えた方が88%!
具体的な数字で表しますと、この様になりました。

- おすすめを提案されるのは好き・・・31人
- 好きじゃない・・・2人
- どちらとも言えない・・・2人

理由も伺ってみましたので、その中から一部をご紹介します。

 

「おすすめを提案されるのは好き」と答えた方の意見

チリの男性:
チリは接客がひどいからおすすめしてもらいたいなんて思わないけど、日本では何がおいしいかを知りたいから、是非おすすめを教えてもらいたい。

 

オーストラリアの男性:
「オススメはなんですか?」
とこちらが聞く前に提案をされたとしても、押し売りのようには聞こえない。むしろ、おいしいものを教えてもらうのはありがたいから全然構わない。

 

ポーランドの女性:
シェフのスペシャリティーやオススメを聞くのは大歓迎よ。

 

オーストラリアの男性:
問題ないよ。たくさんお勧めされるのはどうかと思うけど、2つぐらいだったらいいんじゃない。

 

オーストラリアの女性:
いつも私の方からお勧めを聞いたりするから、教えてもらうのは全然構わないわ。

 

オーストラリアの女性:
特に観光で訪れた街では知らないことも多いから、オススメは大歓迎。

 

アメリカの女性:
シェフのスペシャリティーを知るのは良いことだから、提案を押し売りだとは思わないよ。むしろ歓迎するわ。

 

 

 

「どちらとも言えない」と答えた方の意見

アメリカの男性:
何を食べるか迷ってる時はぜひ聞きたいけれど、すでに食べたいものを決めてるなら、オススメはそんなに必要していない。
ただ、「おすすめは何ですか?」とこちらが聞く前におすすめを提案されたとしても、押し売りのようには感じないよ。

 

 

 

「おすすめを提案されるのは好きじゃない」と答えた方の意見

ポーランドの男性:
ポーランドにはそういう文化がないから。

 

この様に、多くの方が「何がおいしいか知らないから、おすすめを教えてもらうのは大歓迎」と答えていました。
これは私たちが海外旅行に行っても同じだと思いませんか?
例えばスペインに旅行に行ったとして、初めて入るお店では何がおいしいと評判なのかが分からないので、注文に困る時がありますよね。
頼む・頼まないは別にしても、
「こちらが当店のおすすめの一品です。」
「こちらは地元の方にとても人気の高いお料理です。」
という様な情報をもらえると、判断材料が増えて注文が少し楽になります。

海外からのお客様の気持ちを考える上で一番大切なのは、
「もし自分が海外に行ったら?」
を考える事です。
海外の方が日本に来て困る事と、日本人が海外に行って困る事に大きな違いはありません。
自分の身に置き換えて想像すれば、自ずと答えは出てきますよ★。

タグ

アーカイブ


最新動画をcheck!

Yutubeで接客英会話を学びませんか? Yutubeで接客英会話を学びませんか?

飲食店で使える英会話のテクニック動画を定期的に配信します。
外国の方が来店した時に慌てない、「やった!」と思える自分に!

Youtubeチャンネルを観る

@LINEで接客英会話情報をチェック! @LINEで接客英会話情報をチェック!

最近の動画やブログ講演の情報をお届けします。
通勤途中に、家事の合間に、寝る前に、片手でいつでも気軽に学べます。

友達に追加する
定期的に情報を更新・接客に役立つ英会話 定期的に情報を更新・接客に役立つ英会話

外国人も通いやすいお店づくりしませんか?

日本人からも外国人からも人気のあるお店になれたら、世界中にお店のファンが増えます。
国籍や言語という壁をなくし、日本を含めた世界中の人たちから「またあのお店に行きたい!」 と思ってもらえるお店になれるように、 接客英会話や英語のメニューの習得はいかがでしょうか。彼ら・彼女らは日本食を楽しみにしているからこそ、店内のスタッフとコミュニケーションをとりたがっています。
飲食店の基本である、お店の雰囲気、料理、そして接客。海外対応できる接客、華ひらくと一緒につくっていきませんか。

もしも、貴社の従業員が英語を話せたら
お店の可能性はどのくらい広がるでしょうか?

接客英会話向けレッスンを
受講したお客様の声