すべての飲食店に接客英会話を。華ひらくの接客英会話ブログ

飲食店が訪日外国人への接客力をあげる方法

カフェでの接客英会話⑤ お料理のご注文を取る(2)

カフェでの接客英会話⑤ お料理のご注文を取る(2)

カフェで使えるご注文をとる際の接客英会話②

 

こんにちは、アメリカ・ラスベガス近くのカジノホテルでウエイトレスをしていました、飲食店専門の接客英会話講師の内木美樹です。​

前回までの動画では、これらをご紹介しました。

  1. カフェでお出迎えの際の接客英会話 ~予約なし~
  2. カフェでお出迎えの際の接客英会話 ~予約あり~
  3. カフェでドリンクオーダーを取る際の接客英会話
  4. お料理のご注文を取る際の接客英会話(1)

 

 

今回はカフェの設定ですが、今後は

  • 居酒屋の接客英会話
  • 焼肉店での接客英会話
  • お寿司屋さんでの接客英会話

など、飲食店の中でもジャンル分けて、かなり細部まで落とし込んだ接客英会話をご紹介しますので、楽しみに待っていてください♪

ちなみに、「直接接客英会話レッスンをして欲しい!」という方は、私が代表を務める会社(株式会社華ひらく)のホームページをご覧ください。

◆企業向けの接客英会話レッスン
https://hana-hiraku.com/restaurant/index.php

◆個人向けの接客英会話レッスン
https://hana-hiraku.com/restaurant/individuals.php

 

 

さて、今回の動画はカフェでお料理のオーダーをとる際の接客英会話 part 2 です。

  • 「ご注文はお決まりですか? 」
  • お料理の説明方法
  • 「他にご注文はありますか? 」
  • ご注文をいただいたお料理の確認をとる方法

これらを英語で何て言うかをご紹介します♪

 

 

 

「ご注文はお決まりですか?」を英語で何て言う?

 

「お決まりですか?」はカフェ英会話④で既にご紹介しましたね。

  • ”Are you ready to order?“
  • ”Can I get you anything?” 
  • “What can I get you?”
  • “Would you like to order anything?”

などがあります。

詳しくはカフェ英会話④をご覧ください(^ ^)

 

 

 

 

お料理の説明って英語でどうやる?

 

動画で登場した男性のお客様の様に、

“What’s SARU burger?”(SARUバーガー何ですか?)

聞いてくる海外のお客様はとても多いです。

確かに、「SARUバーガー」だけですと、日本人から見てもどの様なバーファーなのか想像が出来ないですよね。

この様に「これって何ですか?」と聞かれた時は、中に入っている食材を1つずつお伝えすると、とてもわかりやすいです。

 

今回の動画では「①牛肉と ②ベーコンと ③トマトと ④目玉焼きが入っています。 」と4つの食材をご説明していますので、指で1、2、3、4と数えながらお伝えしましょう。

 

また、例えば親子丼の様に「ご飯の上にのっている」とお伝えする際も、

”egg, chicken and onion on rice.”

“ON” の部分でこの様に「上に乗っている」と伝わる様なジェスチャーを心がけましょう。

 

 

 

 

「他にご注文はありますか? 」って英語で何て言う?

 

「他にご注文はありますか?」や「以上でよろしいですか?」は

“May I get anything else for you?”

と聞きます。

「長くて覚えられない!」という方は、

“Anything else?”

だけでもOKです。

ただ、文が短くなる分、ニュアンスはカジュアルになりますので、その分聞き方に心を込めてくださいね。

 

ちなみに、 “Anything else?” の “else” は「エルス」ではなく、「エウス」です。

「エニシング エルス?」ではなく、「エニシング エウス?」という発音であれば、恐らく伝わるはずです☆

 

 

 

 

ご注文内容とお料理をお出しするタイミングの確認をしよう

 

店員さんが 「他にご注文はありますか? 」“May I get anything else for you?” と聞いて、なければ “No.” と返ってきます。

日本語ですと「はい、ありません。」なので、思わず “Yes.” が「ない」という意味かと思いきや、英語の場合はどんな時でもある場合は “Yes.” で、ない場合は “No.” です。

逆に、まだ他に注文される場合は、 “May I get anything else for you?” と聞いたら “Yes.” と返ってきて、その後にも注文が続きます。

 

ちなみに、「前菜」を英語で何て言うかご存知ですか?

”appetizer” です。

 

私がラスベガス近くのカジノホテルで働いていた時は、

「お客様が前菜を2/3くらい召し上がったタイミングで、メインディッシュをお出しするように。」

と習いました。

日本では前菜とメインが一緒に出てきたり、時には前菜の方が後に出てくるという事もありますが、特に欧米の方は「まずは前菜から」とお考えの方が多いので、

「前菜にサラダで、その後にメインのバーガーとロコモコですね」

という様に順番の確認が事前に出来ると、誤解が生じたりクレームにならずに済みますよ。

 

  1. ご注文を頂いたお料理をお出しする順番
  2. お料理の内容

この両方を確認しましょう!

 

 

 

 

 

「失礼します。」を英語で何て言う?

 

「失礼します。」はカフェ英会話③でやりましたね。

“I’ll be back with your ●●.”

です。●●の中には “drinks” や “meals” など、次にお持ちするものが入ります。

“I’ll be back.” だけでも伝わりますが、 “with your ●●.” がある方がより分かりやすいので、「ちょっと難しいな」という方は “I’ll be back.” のみで、言える方は “I‘ll be back with your ●●.” も付けてみましょう。

 

 

 

以上がカフェでお料理のご注文をとる際の接客英会話でした!

次回は、お料理をお出しする際の接客英会話の動画を公開しますので、Please don’t miss it!

 

written by 内木美樹(華ひらく代表取締役/飲食店インバウンドの専門家)

 

タグ

アーカイブ


外国人も通いやすいお店づくりしませんか?

日本人からも外国人からも人気のあるお店になれたら、世界中にお店のファンが増えます。
国籍や言語という壁をなくし、日本を含めた世界中の人たちから「またあのお店に行きたい!」 と思ってもらえるお店になれるように、 接客英会話や英語のメニューの習得はいかがでしょうか。彼ら・彼女らは日本食を楽しみにしているからこそ、店内のスタッフとコミュニケーションをとりたがっています。
飲食店の基本である、お店の雰囲気、料理、そして接客。海外対応できる接客、華ひらくと一緒につくっていきませんか。

もしも、貴社の従業員が英語を話せたら
お店の可能性はどのくらい広がるでしょうか?

接客英会話向けレッスンを
受講したお客様の声