すべての飲食店に接客英会話を。華ひらくの接客英会話ブログ

飲食店が訪日外国人への接客力をあげる方法

カフェでの接客英会話③ ドリンクオーダー

カフェでの接客英会話③ ドリンクオーダー

カフェで使えるドリンクオーダーの接客英会話

 

こんにちは、アメリカ・ネバダ州のカジノホテルでウエイトレスをしていました、飲食店専門の接客英会話講師の内木美樹です。​

前回までの動画では、これらをご紹介しました。

  1. カフェでお出迎えの際の接客英会話 ~予約なし~
  2. カフェでお出迎えの際の接客英会話 ~予約あり~

 

 

今回はカフェの設定ですが、今後は

  • 居酒屋の接客英会話
  • 焼肉店での接客英会話
  • お寿司屋での接客英会話

 

など、飲食店の中でもジャンル分けて、かなり細部まで落とし込んだ接客英会話をご紹介しますので、楽しみに待っていてください♪

ちなみに、「直接接客英会話レッスンをして欲しい!」という方は、私が代表を務める会社(株式会社華ひらく)のホームページをご覧ください。

◆企業向けの接客英会話レッスン
https://hana-hiraku.com/restaurant/index.php

◆個人向けの接客英会話レッスン
https://hana-hiraku.com/restaurant/individuals.php

 

 

さて、今回の動画はカフェでドリンクオーダーをとる際の接客英会話です。

  • 「こちらがお席です。」
  • 「お飲み物はいかがされますか?」
  • 「コーヒーにミルクと砂糖をお付けしますか?」
  • 「お客様はどうされますか?」
  • 「ご注文を確認します」
  • 「失礼します」

 

これらを英語で何て言うかをご紹介します♪
Let’s get it started!

 

 

 

「こちらがお席です」を英語で何て言う?

 

何かを示すときや差し出すときは、”Here is ●●.” という言い方をします。

「こちらがお席です。」はお客様のお席を示していますので、

”Here is your table.”

となるのです。

ちなみに、日本では「お席までご案内します。」や「こちらがお席です。」の様に「お席」をよく使いますが、英語では「お席」よりも「テーブル」の方をよく言います。

“Here are your seats.” でも決して間違いではないのですが、”Here is your table.” の方が自然です。

 

 

 

「お飲み物はお決まりですか?」を英語で何て言う?

 

まずは “Would you like” をご説明します。

“Would you like ~?” は何かをご提案する時に使う質問文です。

  • 「お水の御替りはいかがですか?」 → “Would you like more water?”
  • 「コーヒーはいかがですか?」 → “Would you like coffee?”

の様に、「いかがですか?」と聞くときは“Would you like” と覚えておきましょう。

 

ちなみに、”Would you like something to drink?” は直訳すると「何か飲むものはいかがですか?」なのですが、自然な日本語に訳して「お飲み物はお決まりですか?」となっています。

ほかにも、ご注文を聞く際のフレーズは、”What can I get you?”“Would you like to drink anything?” など色々な言い方がありますので、言いやすいものを選んでくださいね。

 

そして、お客様がご注文される際、この様におっしゃってくる事が多いと思います。

  • I will have (take/get) a hot coffee.
  • Can I have (take/get) a hot coffee?
  • Could I have (take/get) a hot coffee?
  • May I have (take/get) a hot coffee?
  • I’ll go with a hot coffee.

 

この様に、ご注文の品は文の最後に出てきますので、文の最初や途中が聞き取れなかったとしても、最後のお料理やドリンクが聞き取れれば大丈夫です。

 

ご注文の品は文の最後に出てくる!

 

 

 

 

「コーヒーにミルクと砂糖はお付けしますか? 」を英語で何て言う?

 

ここで再び “Would you like” が登場します。

そして、 “Would you like” の後にご提案する具体的な物が続きます。

つまり、この様になります。

”Would you like milk and sugar with it?”

 

ちなみに、この “it” はコーヒーを指していますので、「コーヒーと一緒にお砂糖とミルクはいかがですか?」という質問になりますね。

 

さて、この質問に対してのお客様からの返答ですが、

  1. 両方いる場合
  2. ミルクもしくはお砂糖だけの場合
  3. 両方いらない場合

の3つに大抵分けられるはずです。

では、お客様から何て返ってくるか、1つずつご紹介します。

 

 

①ミルクもお砂糖も両方いる場合

この場合は、”Sure.”“Yes, please.” の様に「お願いします。」と端的に返ってくるか、もしくは “I’ll take both.” という様に、「両方」という意味の “both” が使われる事が多いです。

 

 

②ミルクもしくはお砂糖だけの場合

この場合は、先ほどのシーンでご紹介した、「ミルクだけで結構です。 」という意味の “Just milk is fine.” や、”With only sugar please.” の様に、”just” や“only” の後に“milk” もしくは “sugar”  が返ってきます。

 

 

③両方いらない場合

この場合は、「結構です。ブラックでお願いします。」という意味の ”No thank you. Just black.” と返ってくるでしょう。

その他にも “I don’t need either.” などいくつか言い方はありますが、ここで注目して頂きたいのが、「お客様が何て言うか」ではなく、「どう言うか」です。

 

英語とジェスチャーは必ずセットですので、英語を話すお客様は、
いる時は笑顔で首を縦に振ったり、
いらない時は口をへの字にしながら首を横に振るなど、
表情や顔の動きだけで判断できます。

ですので、リスニングだけに頼ろうとせず、お客様のジェスチャーに注目されると、正しく解釈できるようになりますよ。

 

お客様の話す英語だけではなく、表情や仕草にも注意しましょう!

 

 

 

 

「承知いたしました 」を英語で何て言う?

 

例えばお客様が

“Can I get a hot coffee?”
(ホットコーヒーを頂けますか?)

と注文された際、日本語ですと「承知致しました。」や相槌の意味で「はい。」と答える事が多いと思いますが、英語ではその際の返答で“Yes.” とは言いません。

もちろん、”Yes” だけでも意図は伝わるのですが、ぶっきらぼうな、愛想がない印象に取られてしまうかもしれません。

ではここで、「承知致しました。」や「かしこまりました。」を英語で何て言うかご紹介します。

 

  • Sure.
  • Of course.
  • Absolutely.
  • Certainly.
  • Thank you.

 

“Sure.” や “Of course.” はカジュアルな返事ですが、今回の様なカフェで使う分には全く問題ありません。

そして、“Absolutely.” は「完全に」や「絶対に」と言う意味なのですが、「かしこまりました」というカジュアルな意味でも使われます。

一方で、“Certainly.” はとてもフォーマルな品のある返事です。

カフェで “Certainly.” を使っても全く問題はないのですが、常連さんでしたり、初めての方でも親近感を出すのであれば、 “Sure.” や “Of course.” “Absolutely.”の方がおすすめです。

最後の “Thank you.” は直訳すると「承知致しました」という意味にはなりませんが、 「承知致しました。ご注文ありがとうございます」という時に使いますので、”Thank you.” と言ってもOKです。

 

ちなみに、ご紹介した5つの内 、“Thank you.” 意外の4つは頭に “Yes” を付けて “Yes, sure.” “Yes, of course.” “Yes, absolutely.” “Yes, certainly.” と言う風にも使えます。

思わずぽろっと “Yes” が出てしまった方は、その後に “Sure.” や “Of course” を付けて “Yes” だけでは終わらせないようにしましょう。

 

 

 

 

「お客様はどうされますか? 」を英語で何て言う?

動画では解説をすっかり失念していましたが、「お客様はいかがされますか?」“How about you?” と言います。

今回のカフェの様に、カジュアルなお店では、”How about” を省略して “You?” とだけ言う時もあるのですが、”How about you?” の方が丁寧なので、みなさんには省略しないバージョンで覚えていただきたいです。

 

 

 

 

ご注文の確認方法

 

英語でのやり取りは少なからず緊張されていると思いますので、
オーダーミスをなくす為にも、ご注文の確認は必ず行うようにしましょう!

では「ご注文を確認します」を英語で何と言うか・・・、それは、”So” です。「つまり」という意味ですね。

そして、”So” の後にお客様がご注文されたものを繰り返していけばOKです。

 

また、

“A hot a hot coffee with milk for you and an ice café late for you.”

のように、ご注文の品の後に “for you” を付けると「誰が何をご注文されたかをちゃんと把握していますよ」という合図にもなるので、 “for you” の時にその品をご注文された方を見ながら確認すると、より接客の質が高まってお客様は喜ばれると思いますよ。

 

 

 

 

「失礼します」を英語で何て言う?

 

英語で接客する場合、”I’ll be back.” はとてもよく使います。

映画「ターミネーター」でシュワルツネガーさんのあの名台詞!と言うと覚えやすいですかね?(知らない方は若い証拠! 笑)

“I’ll be back with your drinks.”

を直訳すると「お飲み物をお持ちして戻ります。」なのですが、日本語ではその様には言いませんので、「失礼します。」と訳しました。

今回はお飲み物のご注文を頂いたので、 “I’ll be back with your drinks.” と言っていますが、

  • サラダのご注文を頂いた際 →
    “I’ll be back with your salad.”
  • 「取り皿下さい」と言われた際 →
    “Sure. I’ll be back with your small plates.”

の様に、何を持って戻ってくるかに合わせて、最後の単語は変えていきましょう。

 

 

 

以上がカフェでドリンクオーダーをとる際の接客英会話でした。

少しでもお役に立てたのならいいのですが…。

次の動画では、お料理のご注文をとる際の接客英会話をご紹介しますので、Look forward to it!

 

written by 内木美樹(華ひらく代表取締役/飲食店インバウンドの専門家)

 

タグ

アーカイブ


最新動画をcheck!

Yutubeで接客英会話を学びませんか? Yutubeで接客英会話を学びませんか?

飲食店で使える英会話のテクニック動画を定期的に配信します。
外国の方が来店した時に慌てない、「やった!」と思える自分に!

Youtubeチャンネルを観る

@LINEで接客英会話情報をチェック! @LINEで接客英会話情報をチェック!

最近の動画やブログ講演の情報をお届けします。
通勤途中に、家事の合間に、寝る前に、片手でいつでも気軽に学べます。

友達に追加する
定期的に情報を更新・接客に役立つ英会話 定期的に情報を更新・接客に役立つ英会話

外国人も通いやすいお店づくりしませんか?

日本人からも外国人からも人気のあるお店になれたら、世界中にお店のファンが増えます。
国籍や言語という壁をなくし、日本を含めた世界中の人たちから「またあのお店に行きたい!」 と思ってもらえるお店になれるように、 接客英会話や英語のメニューの習得はいかがでしょうか。彼ら・彼女らは日本食を楽しみにしているからこそ、店内のスタッフとコミュニケーションをとりたがっています。
飲食店の基本である、お店の雰囲気、料理、そして接客。海外対応できる接客、華ひらくと一緒につくっていきませんか。

もしも、貴社の従業員が英語を話せたら
お店の可能性はどのくらい広がるでしょうか?

接客英会話向けレッスンを
受講したお客様の声