すべての飲食店に接客英会話を。華ひらくの接客英会話ブログ

飲食店が訪日外国人への接客力をあげる方法

飲食店が外国人客を接客時に起こる『タイムロス』を減らす方法

飲食店が外国人客を接客時に起こる『タイムロス』を減らす方法

【飲食店向け】外国人客の接客をスムーズに行う方法

お店のピーク時に海外からのお客様が来店されると、
「やばい」、「まずい」、「困った」、「どうしよう」
という気持ちになっていませんか?

お店が空いている時ならまだしも、忙しい時間帯に来られると
「誰か(別のスタッフが)対応してくれないかな・・・」
と心の中で願っている方も多いのではないでしょうか?

また、オーダーを取る際も、
「お客様が何を言っているか分からない」、「言っている事は理解できたが、英語で何て答えればいいかわからない」
という事も多々あると思います。

このような負の感情や、もたつきは、お店にとってはマイナスですよね?
本来1秒でも早くオーダーを取り、効率よく色々な事をしたいのに、こういう状況に陥ると、タイムロスになります。

 

そこで今日は、上記の様な「タイムロス」を減らす方法をいくつかご紹介したいと思います♪

 

  1. 料理の写真をメニューにのせる
  2. 英語のメニューを用意する
  3. 接客英会話を勉強する

 

 

 

 

1)料理の写真をメニューにのせる

弊社が実施した500人の訪日外国人への街頭アンケートによると、海外からのお客様は
「英語のメニューがあるに越したことはないけど、写真があれば十分!」
とお考えの方が非常に多いです。

確かに、文章よりもイメージの方が料理の雰囲気が伝わりますよね。

食物アレルギーや宗教の関係で食べられない食材をお持ちの方は中に何が入っているかを気にされますが、そうでなければ、ぱっと見て「これがおいしそう!」と見た目の印象で決める方も多いはず。

その様な方々には、明確で分かりやすい料理の写真があれば十分なのです。

 

また、「海外からのお客様」と一言でいっても、英語を母国語とされている方もいらっしゃれば、「カタコトの英語しか話せません」という方も多くいらっしゃいます。

実は、ヨーロッパでも北の国の方々(オランダ、ノルウェー、フィンランド等)の方は英語がペラペラですが、南の国の方々(フランス、イタリア、スペイン等)は英語が得意でない人も多いのです。

その様な方々には、何といっても写真が一番!

最近は個人で使う様なデジカメでも十分にキレイなお写真が撮れますし、料理の写真を撮る為に開発された Foodie という無料アプリを使えば、スマホでも簡単においしそうに写真を撮影できます。

全て料理のお写真を載せるのもよし、おすすめのお料理のみを選んで載せるのもよしです。

こちらのメニュー(出展:T. G. I. Friday’s Aruba )のように、大きく写真を使いましょう。

 

 

 

 

2)英語のメニューを用意する

通常、料理のお写真があれば大抵の方は問題なく注文できるはずですが、この様な方々はそうはいきません。

  • 食物アレルギーをお持ちの方
  • 宗教の関係で食べない食材をお持ちの方
  • ベジタリアンの方

幸い、私の子供は今のところ食物アレルギーはなさそうですが、もし深刻なアレルギーを持っている中で海外を旅行した際は、料理の中に入っている食材を非常に気にするはずです。

英語や日本語のメニューがあればいいのですが、もしない場合は、担当フードサーバーにアレルギーの事をしっかり伝え、入念に確認をしてもらわないといけません。

食物アレルギーも宗教もベジタリアンも、日本ではまだそれほど多くありませんが、海外では非常に多くの方が上記の理由で何らかしらの食べられない食材をお持ちです。

例えばこちら。

World Allergy Organizationの資料によると、(単純計算で)30人に1人は何らかしらの食物アレルギーを持っている

 

世界の約 1/4 はお酒や豚を口にしてはいけないイスラム教徒。2010年にイスラム教徒が最も多かった国はインドネシアで、2位がインド。また、中国には2,000万人以上が、ロシアの人口の15%はイスラム教徒と言われている

 

今はまだそれほど多くないかもしれませんが、2020年に向けて、この様な方々はますます日本を訪れるでしょう!

その際、いちいちスタッフに

「豚が入っていないのはどれ?」

「この料理に牛乳は使ってる?」

と質問していたら、彼らも食を楽しめませんし、スタッフにとっても大幅なタイムロスになるでしょう。

そのような事を事前に防げるように、正しい英語のメニューをご用意し、食材の情報も入れる事をおすすめします。

 

英語でメニューをお作りになる際、Google翻訳等の無料サービスは使わない事を強くおすすめします。詳しくは、高級店や老舗店がGoogle翻訳を使わない方がいいたった1つの理由をご覧ください。

 

 

 

英語メニュー翻訳会社を選ぶ際、絶対に欠かせない2つのポイント

ちなみに、初期費用はかかりますが、一番確実なのが、メニューを翻訳会社に依頼して英訳をお願いする事です。

とは言え、日本には数多くの翻訳会社が存在している為、「どの会社を選べばいいんだ…」と迷われる方も多いでしょう。

そのような方は、英語メニュー翻訳会社を選ぶ際、絶対に欠かせない2つのポイントをご確認ください。

 

 

 

 

3)接客英会話を勉強する

弊社の接客英会話レッスンを受けて下さった一人の女性が、タイムロスについてこの様におっしゃっていました。

海外のお客様が来店されても、結局みんながみんな、「あ、外国人のお客さんだ」みたいになるんですよね。
スパッと「当店のおすすめは~」とか「ご注文は?」とかが出来ればいいんですけど、みんな何て聞けばいいか分からないので、お客さんがキョロキョロしながら注文したそうにしているって気づいていても、なかなか足が向かないっていうのがあって。
だから、英会話を通じてそういうロス、お店にとってマイナスを何とかしたいなって思ってレッスンを受けようと思いました。

 

そうなんですよね。

接客英会話ができれば、

お席へご案内

注文を取る

お料理を運ぶ

お会計

までがスムーズに出来るので、タイムロスになりません。

注文を取る時間も、日本人のお客様相手にかかる時間と同じですので、ロスには繋がりません。

 

また、特に欧米の方は、フードサーバー(ウエイター/ウエイトレス)との会話を楽しみたいとお考えの方も非常に多いです。

チップを払う文化だからか、人としてのサービスも、飲食店を楽しむ重要な要素になっています。

そのような方から、「この近くにいいバーって知っていますか?」という様な質問を受けることは結構多いのですが、その際に「えーっと、えーっと・・・」となる事がタイムロスに繋がります。

 

しかも、特にアメリカ人は食に対して選り好みする傾向があります。

  • 「ポテトに塩はかけないで」
  • 「このサラダに入っているトマトは抜いて」
  • 「ドレッシングはかけないで、別に器に入れて持ってきて」

等、あれこれ注文される事は日常茶飯事です。

 

つい先日、銀座で該当インタビューを行っていたら、アルゼンチン出身の女性がこのようにおっしゃっていました。

日本の飲食店への要望?
もっと柔軟に対応して欲しいかな。

この間、とあるお店でフレンチフライを頼んだけども、コショウがいっぱいかかっていたから『コショウなしのに変えて』と頼んだら、『変えられません』と断られたのよ。

 

サービス業はお役所仕事ではありません。

せっかく人と人が触れ合って成立するお仕事なので、もう少し英語力を上げて、柔軟に対応出来るようになれば、タイムロスが減るどころか、顧客満足度が上がりますよ。

 

 

 

これからますます、訪日外国人の数は増えていきます。

今すでに「タイムロス」が起こっているのであれば、それは今後さらに大きなロスへと繫がっていくはずです。

そうなる前に、上記の何かしらの対策を行い、体制を整えてみてはいかがですか?

海外からのお客様の満足度が上がり、人気が出てくれば、「外国人にも選ばれるお店」という新たなブランドが出来上がるかもしれませんよ?

 

 

 

written by 内木美樹(華ひらく代表取締役/飲食店インバウンドの専門家)

タグ

アーカイブ


最新動画をcheck!

Yutubeで接客英会話を学びませんか? Yutubeで接客英会話を学びませんか?

飲食店で使える英会話のテクニック動画を定期的に配信します。
外国の方が来店した時に慌てない、「やった!」と思える自分に!

Youtubeチャンネルを観る

@LINEで接客英会話情報をチェック! @LINEで接客英会話情報をチェック!

最近の動画やブログ講演の情報をお届けします。
通勤途中に、家事の合間に、寝る前に、片手でいつでも気軽に学べます。

友達に追加する
定期的に情報を更新・接客に役立つ英会話 定期的に情報を更新・接客に役立つ英会話

外国人も通いやすいお店づくりしませんか?

日本人からも外国人からも人気のあるお店になれたら、世界中にお店のファンが増えます。
国籍や言語という壁をなくし、日本を含めた世界中の人たちから「またあのお店に行きたい!」 と思ってもらえるお店になれるように、 接客英会話や英語のメニューの習得はいかがでしょうか。彼ら・彼女らは日本食を楽しみにしているからこそ、店内のスタッフとコミュニケーションをとりたがっています。
飲食店の基本である、お店の雰囲気、料理、そして接客。海外対応できる接客、華ひらくと一緒につくっていきませんか。

もしも、貴社の従業員が英語を話せたら
お店の可能性はどのくらい広がるでしょうか?

接客英会話向けレッスンを
受講したお客様の声