すべての飲食店に接客英会話を。華ひらくの接客英会話ブログ

飲食店が訪日外国人への接客力をあげる方法

【飲食店の接客英語】「お水のおかわりいかがですか?」を英語で言うと?

【飲食店の接客英語】「お水のおかわりいかがですか?」を英語で言うと?

「お水のおかわりいかがですか?」を英語で何て言う?

飲食店で働くみなさん、こんにちは!

飲食店専門に接客英会話レッスンを展開しております、(株)華ひらくの内木美樹です。

さて、今日は「お水のおかわりはいかがですか?」を英語でなんと言うかをお伝えします。

それがこちら☟

Would you like more water?
(ウッヂューライク モア ワーラー?)

 

 

 

“more” を正しく発音する方法

moreにはRが入っているので、ちょっと発音が難しいですよね(>_<)

Rを発音する際のよくある間違いとして、「モア」の「モ」の時点で舌を巻いてしまっている方がいますが、それですと、とても聞き取りづらい英語になってしまいます。

“more” の「R」は「モア」の「ア」の時に舌を巻いて、喉に持っていくイメージで発音してみてください。

 

 

 

“water” を正しく発音する方法

“more” 以上に発音が難しいのが “water” なんですよね(>_<)

「飛行機でwaterを頼んだのに、コーラがでてきた!」
「私はコーヒーがでてきた!」

なんていう体験談、結構頻繁に聞きます(^ ^;)

 

“water” を発音する際のポイントは、「ウォーター」ではなく「わーらー」を意識することです。

そして、「わーらー」の「ら」を言った後に舌をグッと巻いて「R」を発音します。

“more” の時と同じく、「わーらー」の「わ」の時点ではまだ舌は巻きません。

 

ちなみに、“water” を発音する時に大事なのは、発音だけに頼らないことです。

お水のグラスやピッチャーを指さしながら “Would you like more water?” と言えば、例え “water” の発音が悪くてもかなりの確率で通じますので、ジェスチャー(非言語)と発音(言語)の両方でお伝えする事を心がけてくださいね♪

 

 

 

 

どうしても “water” が通じないときの必殺技

 

余談ですが、私がまだラスベガス近くで学生をしていた頃、アメリカ人と話していてどうしても “water” が通じない!ということがたまにありました。

こういう時は、”water” 以外の方法で「水」を伝えなければいけません。

そこで使えるのが「化学式」です!

つまり、「水」を “water” ではなく “H2O” と言えばいいのです!!

「H2O(エイチ トゥー オー)」であれば発音は全く難しくありませんので、よほどの事がない限り伝わります。

“Would you like more water?” が通じなくて困った!という方は、是非

“Would you like more H2O?”

と言っちゃってください。(^ ^)v

 

 

“water” の発音が難しくても、”H2O” なら間違いなく伝わる!

 

 

 

 

“Would you like more ○○?” の応用編

お水のおかわりいかがですか?
(Would you like more water?)

は、最後の “water” を変えれば様々な質問へと変貌します。

  • Would you like more bread?(パンのおかわりいかがですか?)
  • Would you like more soup?(スープのおかわりいかがですか?)
  • Would you like more beer?(ビールのかわりいかがですか?)

 

Would you like ~?(~はいかがですか?)

は飲食店内のあらゆるシーンで使えるとても使い勝手のいい質問ですので、是非積極的に使ってみてくださいね!

 

 

 

 

written by 内木 美樹(飲食店専門の接客英会話講師)

タグ

アーカイブ


最新動画をcheck!

Yutubeで接客英会話を学びませんか? Yutubeで接客英会話を学びませんか?

飲食店で使える英会話のテクニック動画を定期的に配信します。
外国の方が来店した時に慌てない、「やった!」と思える自分に!

Youtubeチャンネルを観る

@LINEで接客英会話情報をチェック! @LINEで接客英会話情報をチェック!

最近の動画やブログ講演の情報をお届けします。
通勤途中に、家事の合間に、寝る前に、片手でいつでも気軽に学べます。

友達に追加する
定期的に情報を更新・接客に役立つ英会話 定期的に情報を更新・接客に役立つ英会話

外国人も通いやすいお店づくりしませんか?

日本人からも外国人からも人気のあるお店になれたら、世界中にお店のファンが増えます。
国籍や言語という壁をなくし、日本を含めた世界中の人たちから「またあのお店に行きたい!」 と思ってもらえるお店になれるように、 接客英会話や英語のメニューの習得はいかがでしょうか。彼ら・彼女らは日本食を楽しみにしているからこそ、店内のスタッフとコミュニケーションをとりたがっています。
飲食店の基本である、お店の雰囲気、料理、そして接客。海外対応できる接客、華ひらくと一緒につくっていきませんか。

もしも、貴社の従業員が英語を話せたら
お店の可能性はどのくらい広がるでしょうか?

接客英会話向けレッスンを
受講したお客様の声