すべての飲食店に接客英会話を。華ひらくの接客英会話ブログ

飲食店が訪日外国人への接客力をあげる方法

【飲食店専門英語】「●●をご注文のお客様はどなたですか?」を英語で何て?

【飲食店専門英語】「●●をご注文のお客様はどなたですか?」を英語で何て?

「●●をご注文のお客様?」を英語で何て?

こんにちは!

アメリカのラスベガス近くでウエイトレスとして勤務していました、飲食店専門の接客英語講師&飲食店インバウンド専門家の MIKI です。

このブログでは【高級】な【飲食店】で働く方向けの接客英語をご紹介しています。

 

お客様のドリンクやお料理をお出しする際、「●●をご注文のお客様はどなたですか?」って聞くとき、みなさんは何て言っていますか?

今日はそれを正しく聞く方法をお伝えします♪

 

動画内の接客英語を確認しよう

動画ではお客様とこのようなやり取りをしています。

  • 店員 :Thank you for waiting. Whose orders are the beef meals?
  • お客様:Me.
  • 店員 :Thank you.

 

 

5W1H、覚えていますか?

ところで、中学生の英語で「5W1H」を習ったと思います。

全部覚えていますか?

念のため確認しましょう。

  • W:Who(誰が)
  • W:When(いつ)
  • W:Where(どこで)
  • W:What(何が)
  • W:Why(なぜ)
  • H:How(どうやって)

 

“Who” は「誰が」、”Whose” は「誰の」

5W1Hにあった “Who” は「誰が」という意味です。

でも、この動画で出てくるのは “Whose” (誰の)という意味です。

“Whose order is the beef meal?”

「誰の注文が牛肉御膳ですか?」、つまり「牛肉御膳をご注文の方はどなたですか?」という意味です。

 

では、突然ですがここで問題!

“Whose” を使ってこの文章を英語にしてみましょう。

  1. ビールをご注文のお客様?
  2. このペンは誰のですか?
  3. あの(男の)人は誰のご主人?
  4. (あなたは)誰のママ~? ← 保育園で息子の友達に聞かれる質問

 

【正解】

  1. ビールをご注文のお客様? ⇒ ”Whose order is the beer?”
  2. このペンは誰のですか? ⇒ ”Whose pen is this?”
  3. あの(男の)人は誰のご主人? ⇒ “Whose husband is he?”
  4. (あなたは)誰のママ~? ⇒ ”Whose mommy (are you)?”

 

 

“Whose order is the ●●?” はセットで覚えよう!

カジュアル店であれば、”Whose order is the beef meal?” なんて聞かず、”Beef meal?” だけでもOKです。

ただ、今回のブログはあくまでも高級店向きなので、お店の品格を保つ英語になっています。

 

“Whose order is the ●●?” は「●●をご注文のお客様はどなたですか?」という意味でいつでもどこでも使えますので、

“Whose” が「誰の」で、”order” が「注文」で…

バラバラに覚えず、”Whose order is the ●●?” を1つのセットとして覚えましょう!

 

以上、今日のレッスンでした!

ご質問や感想は Youtube のコメント欄にお願いします♪

 

 

 

written by 内木 美樹(飲食店インバウンド専門家/飲食店専門の英語講師)

タグ

アーカイブ


最新動画をcheck!

Yutubeで接客英会話を学びませんか? Yutubeで接客英会話を学びませんか?

飲食店で使える英会話のテクニック動画を定期的に配信します。
外国の方が来店した時に慌てない、「やった!」と思える自分に!

Youtubeチャンネルを観る

@LINEで接客英会話情報をチェック! @LINEで接客英会話情報をチェック!

最近の動画やブログ講演の情報をお届けします。
通勤途中に、家事の合間に、寝る前に、片手でいつでも気軽に学べます。

友達に追加する
定期的に情報を更新・接客に役立つ英会話 定期的に情報を更新・接客に役立つ英会話

外国人も通いやすいお店づくりしませんか?

日本人からも外国人からも人気のあるお店になれたら、世界中にお店のファンが増えます。
国籍や言語という壁をなくし、日本を含めた世界中の人たちから「またあのお店に行きたい!」 と思ってもらえるお店になれるように、 接客英会話や英語のメニューの習得はいかがでしょうか。彼ら・彼女らは日本食を楽しみにしているからこそ、店内のスタッフとコミュニケーションをとりたがっています。
飲食店の基本である、お店の雰囲気、料理、そして接客。海外対応できる接客、華ひらくと一緒につくっていきませんか。

もしも、貴社の従業員が英語を話せたら
お店の可能性はどのくらい広がるでしょうか?

接客英会話向けレッスンを
受講したお客様の声