すべての飲食店に接客英会話を。華ひらくの接客英会話ブログ

飲食店が訪日外国人への接客力をあげる方法

【飲食店専門英語】「ご予約内容を確認させていただきます」を英語で何て?

【飲食店専門英語】「ご予約内容を確認させていただきます」を英語で何て?

「ご予約内容を確認させていただきます」を英語で何て?

こんにちは!

アメリカのラスベガス近くでウエートレスとして勤務していました、飲食店専門の接客英語講師&飲食店インバウンド専門家の MIKI です。

 

このブログでは【高級】な【飲食店】で働く方向けの接客英語をご紹介しています。

 

さて、事前にご予約をいただいていたお客様が来店されお席に着いた際、ご予約内容の確認をしますよね。

今日のブログでは、

「ご予約内容を確認させていただきます」

を英語で言う方法をご紹介します。

 

 

動画内の接客英語を確認しよう

動画ではお客様とこのようなやり取りをしています。

  • 店員 :Thank you very much for coming today. Here is your hot towel.
  • お客様A:Thank you.
  • 店員 :For you.
  • お客様B:Thank you.
  • 店員 :And for you.
  • お客様C:Thank you.
  • 店員 :Please let me confirm your order. It’s 2 beef meals and 1 fish meal. Is this alright with you?
  • お客様B:Yes, that’s right.
  • 店員 :Thank you.

 

 

「ご予約内容を確認させていただきます」を英語で

さっそくですがこのブログの本題から入ります。

「ご予約内容を確認させていただきます。」

こちらは英語で

“Please let me confirm your order.”
(プリー レッミー コンファー オーダー)

と言います。

ちょっと聞きなれない単語がいくつか出てきたと思いますので、1つずつ解説していきますね。

 

“Please let me ●●.” で「●●させていただきます」

まず、”Please let me ●●.” で「●●させていただきます」「●●させて下さい」という意味です。
(●●には「食べる」「飲む」といった動詞が入ります。)

ではいきなりですが問題!

これらを “Please let me ●●.” を使って英訳してみましょう♪

1)お寿司を食べさせていただきます

2)お水を飲ませて下さい

 

【正解】

1)お寿司を食べさせていただきます
⇒ Please let me eat sushi.

2)お水を飲ませて下さい
⇒ Please let me drink water.

 

では、もう少し飲食店で役立ちそうなクイズ!

これらを “Please let me ●●.” を使って英訳してみましょう。

1)メニューを説明させていただきます

2)食べ方を説明させてください

3)何かありましたらお声がけください

 

【正解】

1)メニューを説明させていただきます
⇒ Please let me explain our menu.

2)食べ方を説明させてください
⇒ Please let me explain how to eat.

3)何かありましたらお声がけください
⇒ Please let me know if you need anything.

これは飲食店でよく使うので、覚えておいて損はないですね!

“explain” は「説明する」という動詞。
“how to eat” は「食べ方」という意味です。

 

 

高級店で「確認する」は “check” よりも “confirm” の方がベター

そして、本題の「ご予約内容を確認させていただきます」は

“Please let me confirm your order.”

と言うとお伝えしましたが、”confirm” って単語をご存知ですか?

“confirm” は「確認する」という動詞です。

一般的には「確認する」= “check” の方がなじみ深いと思いますが、ビジネス英語や高級店で使う場合、”check” よりも “confirm” の方がおすすめです。

 

ただ、そこまでの差はありませんので、「コンファームとか無理!」という方は

“Please let me check your order.”

で全然問題ありません。

 

大事なのは使ってみる事!

まずは使いやすい方で慣らしていきましょう♪

 

 

ご予約の内容を確認する方法

次は、ご予約内容を確認する方法です。

こちらは至ってシンプル。

“It’s” の後に、お客様が選ばれたお料理名(コース名)を言っていけばいいだけです。

動画では “It’s 2 beef meals and 1 fish meal.” と言っています。

「牛定食が2つと、お魚定食が1つですね」という意味ですね。

 

ここでご注意いただきたいのが、「数字は必ず前」という事です。

日本語ですと、「牛定食が2つと、お魚定食が1つですね」のように、数字はお料理名(コース名)の後に来ますよね。

でも、英語では “It’s 2 beef meals and 1 fish meal.” のように、必ず後に来ます。

そこだけ覚えておいてください。

 

「こちらの内容でよろしいですか?」を英語で何て?

最後に、ご予約内容が正しいかを確認する一言を入れます。

それがこちら。

“Is this alright with you?”
(イ ディ オーライッ ウィズユー?)

「お間違いありませんか?」という意味です。

そうすると、お客様から

“That’s right.” (はい、あっています)

と返ってくるでしょうから、「かしこまりました」や「ありがとうございます」という意味を込めて

“Thank you.”

と言えば、ご予約内容の確認は無事終了です☆

 

 

以上、今日のレッスンでした!

ご質問や感想は Youtube のコメント欄にお願いします♪

 

 

 

written by 内木 美樹(株式会社華ひらく代表取締役/飲食店専門の英語講師)

タグ

アーカイブ


最新動画をcheck!

Yutubeで接客英会話を学びませんか? Yutubeで接客英会話を学びませんか?

飲食店で使える英会話のテクニック動画を定期的に配信します。
外国の方が来店した時に慌てない、「やった!」と思える自分に!

Youtubeチャンネルを観る

@LINEで接客英会話情報をチェック! @LINEで接客英会話情報をチェック!

最近の動画やブログ講演の情報をお届けします。
通勤途中に、家事の合間に、寝る前に、片手でいつでも気軽に学べます。

友達に追加する
定期的に情報を更新・接客に役立つ英会話 定期的に情報を更新・接客に役立つ英会話

外国人も通いやすいお店づくりしませんか?

日本人からも外国人からも人気のあるお店になれたら、世界中にお店のファンが増えます。
国籍や言語という壁をなくし、日本を含めた世界中の人たちから「またあのお店に行きたい!」 と思ってもらえるお店になれるように、 接客英会話や英語のメニューの習得はいかがでしょうか。彼ら・彼女らは日本食を楽しみにしているからこそ、店内のスタッフとコミュニケーションをとりたがっています。
飲食店の基本である、お店の雰囲気、料理、そして接客。海外対応できる接客、華ひらくと一緒につくっていきませんか。

もしも、貴社の従業員が英語を話せたら
お店の可能性はどのくらい広がるでしょうか?

接客英会話向けレッスンを
受講したお客様の声