すべての飲食店に接客英会話を。華ひらくの接客英会話ブログ

飲食店が訪日外国人への接客力をあげる方法

「少々お待ちください(すぐにお持ちします)」を英語で何て?

「少々お待ちください(すぐにお持ちします)」を英語で何て?

【飲食店英語】「すぐにお持ちします/少々お待ち下さい」

こんにちは!

アメリカのラスベガス近くでウエートレスとして勤務していました、(株)華ひらくの接客英語講師 MIKI です。

例えばお客様からドリンクのオーダーをいただいた際、「すぐにお持ちします」という意味も込めて、「少々お待ちください」って言う事って非常に多いですよね。

少々お待ちくださいは通常、”Please hold on.” や “Please wait.” と言いますが、何かご注文(ご依頼)をいただいてお客様のテーブルを離れる際は、このように言います。

I’ll be back with your ●●.

 

 

動画内の接客会話を確認しよう

動画ではお客様とこのようなやり取りをしています。

  • お客様A:I’ll go with “with soda” please.(ソーダ割りで)
  • 店員  :”With soda”. Thank you.(ソーダ割りですね、ありがとうございます)
  • お客様B :Can I have beer please.(僕はビールをお願いします)
  • 店員  :Sure. So rice shochu with soda, and beer for you.(ではご注文内容を確認します。米焼酎のソーダ割りとビールですね)
  • お客様B :Right.(そうです)
  • 店員  :Thank you very much. I’ll be back with your drinks.(ありがとうございます。少々お待ちくださいませ

 

 

色々使える “I’ll be back with your ●●.”

すぐにお持ちします(少々お待ちください)は英語で “I’ll be back with your ●●.” とお伝えしましたが、●●の中にはお持ちする物が入ります。

なので、お客様から「●●ください」と言われたらこの様に言えるのです。

  • 「ビールください」→ I”ll be back with your beer(s).
  • 「サラダをお願いします」→ I’ll be back with your salad.
  • 「お手拭き下さい」→ I’ll beck with your towel(s).
  • 「取り皿ください」→ I’ll be back with your small plate(s).
  • 「お勘定お願いします」→ I’ll be back with your check.

 

このように、ご注文以外でもお客様から「●●ください」と言われ、お客様のテーブルを離れる際は必ずと言っていいほど使えます。

 

 

困った時はターミネーターを思い出して!

ただ “I’ll be back with your ●●.” ってちょっと長いですよね。

「言いづらい」「覚えられない」という方は、ターミネーターの名セリフだけでもOKです。

覚えていますか?

“I’ll be back.”

 

皆さんが働いているお店が高級店であれば “I’ll be back with your ●●.” の方がふさわしいのですが、大事なのは「まずは使ってみること」。

なので、「難しいな」と思われた方は “I’ll be back.” から始めてみてください。

そして、だんだんと慣れてきたら “I’ll be back with your ●●.” という風にレベルを上げていきましょう。

 

 

以上、今日のレッスンでした!

ご質問や感想は Youtube のコメント欄にお願いします♪

 

 

 

written by 内木 美樹(株式会社華ひらく代表取締役/飲食店専門の英語講師)

タグ

アーカイブ


最新動画をcheck!

Yutubeで接客英会話を学びませんか? Yutubeで接客英会話を学びませんか?

飲食店で使える英会話のテクニック動画を定期的に配信します。
外国の方が来店した時に慌てない、「やった!」と思える自分に!

Youtubeチャンネルを観る

@LINEで接客英会話情報をチェック! @LINEで接客英会話情報をチェック!

最近の動画やブログ講演の情報をお届けします。
通勤途中に、家事の合間に、寝る前に、片手でいつでも気軽に学べます。

友達に追加する
定期的に情報を更新・接客に役立つ英会話 定期的に情報を更新・接客に役立つ英会話

外国人も通いやすいお店づくりしませんか?

日本人からも外国人からも人気のあるお店になれたら、世界中にお店のファンが増えます。
国籍や言語という壁をなくし、日本を含めた世界中の人たちから「またあのお店に行きたい!」 と思ってもらえるお店になれるように、 接客英会話や英語のメニューの習得はいかがでしょうか。彼ら・彼女らは日本食を楽しみにしているからこそ、店内のスタッフとコミュニケーションをとりたがっています。
飲食店の基本である、お店の雰囲気、料理、そして接客。海外対応できる接客、華ひらくと一緒につくっていきませんか。

もしも、貴社の従業員が英語を話せたら
お店の可能性はどのくらい広がるでしょうか?

接客英会話向けレッスンを
受講したお客様の声