すべての飲食店に接客英会話を。華ひらくの接客英会話ブログ

飲食店が訪日外国人への接客力をあげる方法

「ビールは甘め、苦め、さっぱりめのどちらがよろしいですか?」を英語でなんて言う?

「ビールは甘め、苦め、さっぱりめのどちらがよろしいですか?」を英語でなんて言う?

【飲食店の接客英語】
「ビールは甘め、苦め、さっぱりめのどちらがよろしいですか?」

Hi, everyone!
アメリカ・ラスベガス近くのカジノホテルでウエイトレスをしていました、
食店専門の接客英会話講師の MIKI です。​

さて、今回の動画では、お客様から「どのビールがおすすめ?」と聞かれた際、お客様の好みを知るために「ビールは甘め、苦め、さっぱりめのどちらがよろしいですか?」を英語で何て言うかをご紹介します。
それは、

“Would you like sweet, bitter, or light beer?”

 

 

動画内の接客英語を確認しよう!

こちらの動画内の接客では、このように会話しています。

  • 店員  : Here is your menu.(こちらがメニューです)
  • お客様 : Thank you very much.(どうもありがとう)
  • 店員  : We are famous for tempura.(当店の一押しメニューは天ぷらです
    And, here is your beer menu.(そしてこちらがビールメニューです)
    So, would you like something to drink?(お飲み物は何にされますか?)
  • お客様 : What beer do you recommend?(どのビールがおすすめですか?)
  • 店員  : Would you like sweet, bitter, or light beer?(ビールは甘め、苦め、さっぱりめのどちらがよろしいですか?)
  • お客様 : Usually I prefer the bitter one.(普段は苦めのビールを飲むんです)

 

 

 

海外のお客様(特に欧米の方)はおすすめをよく聞いてくる

これは私がアメリカのカジノホテルで働いていた時の体験談なのですが、海外のお客様(特に欧米の方)は本当によく

  • What’s good?(何がおいしいの?)
  • What do you recommend?(何がおすすめ?)

と質問されます。

このように聞かれたとき、ストレートに

  • I recommend our shrimp tempura.(当店の海老天がおすすめです)
  • This IPA is very good.(こちらのIPAはとてもおいしいですよ)

とお答えしても問題ありませんが、お客様の好みを伺った上で、おすすめのものをご提案したいときもありますよね。
例えば今回のように「なんのビールがおすすめ?」と質問され、おおまかに分けて

  1. 甘いビール
  2. 苦いビール
  3. さっぱりしたビール

☝このように3種類あれば、

“Would you like sweet, bitter, or light beer?”
(ビールは甘め、苦め、さっぱりめのどちらがよろしいですか?)

と聞くことができます。

 

 

ビールのフレーバーの種類

ちなみに、ビールの場合はこのようにフレーバーを表現できます。

  • 甘いビール  (sweet beer)
  • 苦いビール  (bitter beer)
  • さっぱりしたビール  (light beer)
  • 強いビール  (strong beer)
  • がっつりしたビール(heavy beer)
  • 濃厚なビール  (rich beer)
  • フルーティーなビール  (fruity beer)
  • ドライなビール  (dry beer)

もちろん、上記だけではなく、ほかにも表現方法は色々あるのですが、「どういうタイプ(フレーバー)のビールがお好みですか?」と聞くときは、こちらを参考にしてみてください。

 

「のど越しのいいビール」という英語はありませんので、私はその場合、”strong” や “heavy”, “dry” を使っています(^ ^)

 

 

 

最後の “beer?” は “one?” に代替えしてもよし

動画では “Would you like sweet, bitter, or light beer?” と質問していますが、最後の “beer” を “one” に変更して

“Would you like sweet, bitter, or light one?

と聞けると、よりインテリジェンスな聞き方になります。

この “one” は当然ビールのことを指していますが、なぜ “beer” ではなく “one” に変更するかというと、英語には日本語以上に、同じ単語を何度も使うのは好ましくないというルールがあります。
つまり、お客様との1つ前のやり取りで

What beer do you recommend?(どのビールがおすすめですか?)

とすでに “beer” が出ていますので、そのあと何度も “beer” と言わなくても、ビールに関する会話をしていることは想像できます。
そのような場合は、”beer” を繰り返すのではなく、”one” という別の単語に代替して言うのです。
(ここでいう “one” は数字の1ではなく、「やつ」や「もの」という意味です。)

難しければ、 “one” のことは忘れて “Would you like sweet, bitter, or light beer?” で全く問題ありませんが、もしできるのであれば、“Would you like sweet, bitter, or light one?” に挑戦してみましょう!

 

英語では、同じ単語を短期間で何度も繰り返すのは好ましくないというルールがある。
苦めのものや、苦めのやつというときは “bitter one” と言える。

 

 

 

 

撮影のご協力

今回の動画撮影では、弊社お客様でもあるガンブリヌス六本木のスタッフの皆さんに多大なるご協力をいただきました。 どうもありがとうございました!! https://roppongi.gambrinus.jp/

 

 

written by 内木美樹(華ひらく代表取締役/飲食店インバウンドの専門家)

 

タグ

アーカイブ


最新動画をcheck!

Yutubeで接客英会話を学びませんか? Yutubeで接客英会話を学びませんか?

飲食店で使える英会話のテクニック動画を定期的に配信します。
外国の方が来店した時に慌てない、「やった!」と思える自分に!

Youtubeチャンネルを観る

@LINEで接客英会話情報をチェック! @LINEで接客英会話情報をチェック!

最近の動画やブログ講演の情報をお届けします。
通勤途中に、家事の合間に、寝る前に、片手でいつでも気軽に学べます。

友達に追加する
定期的に情報を更新・接客に役立つ英会話 定期的に情報を更新・接客に役立つ英会話

外国人も通いやすいお店づくりしませんか?

日本人からも外国人からも人気のあるお店になれたら、世界中にお店のファンが増えます。
国籍や言語という壁をなくし、日本を含めた世界中の人たちから「またあのお店に行きたい!」 と思ってもらえるお店になれるように、 接客英会話や英語のメニューの習得はいかがでしょうか。彼ら・彼女らは日本食を楽しみにしているからこそ、店内のスタッフとコミュニケーションをとりたがっています。
飲食店の基本である、お店の雰囲気、料理、そして接客。海外対応できる接客、華ひらくと一緒につくっていきませんか。

もしも、貴社の従業員が英語を話せたら
お店の可能性はどのくらい広がるでしょうか?

接客英会話向けレッスンを
受講したお客様の声