すべての飲食店に接客英会話を。華ひらくの接客英会話ブログ

飲食店が訪日外国人への接客力をあげる方法

「お好きな席におかけください」を英語で何て言う?

「お好きな席におかけください」を英語で何て言う?

【飲食店の接客英語】
「お好きな席におかけください」

Hi, guys!
アメリカ・ラスベガス近くのカジノホテルでウエイトレスをしていました、
食店専門の接客英会話講師の MIKI です。​

さて、今回の動画では、「お好きな席におかけください」を英語で何て言うかをご紹介します。
それは、

“Please have a seat wherever you like.”

 

 

動画内の接客英語を確認しよう!

こちらの動画内の接客では、このように会話しています。

  • 店員  : いらっしゃいませ~
  • お客様 : Hello, good evening.(こんばんは)
  • 店員  : Good evening. How many are in your party?
    (いらっしゃいませ。何名様ですか?)
  • お客様 : Oh, just me.(1人です)
  • 店員  : Would you like a table or counter seat?
    (カウンターかテーブルのどちらがよろしいですか?)
  • お客様 : I think counter seat is better.(カウンターがいいかな)
  • 店員  : OK, so please have a seat wherever you like.
    (承知しました。お好きな席にお掛け下さい)
  • お客様 : Thank you.(ありがとう)

 

 

 

“Please sit down.” は接客では使わない

多くの方は、「『おかけください』って英語でなんて言うんだろう?」と考えたとき、一番最初に出てくるのが “Please sit down.” ではないでしょうか。
でも、接客のシーンでは “Please sit down.” はほぼ使いません。
と言うのも、いくら “Please” をつけたとしても、”Sit down” は命令口調というか、ダイレクトな言い方ですので、結構強めに聞こえてしまうからなのです。

日本語で例えると、お客様に「おかけください」といいますが、「座ってください」とは言いませんよね?
“Please sit down.” はまさしく「座ってください」という訳になりますので、この場合では不適切になるのです。

 

 

 

「おかけください」は “Please have a seat.” もしくは “Please take a seat.”

では、「おかけください」を英語でなんて言うか?
それは、”Please have a seat” もしくは、 “Please take a seat.” です。

意味としてはどちらも同じなのですが、

  • “Please have a seat” ➡ 丁寧
  • “Please take a seat” ➡ カジュアル

というニュアンスの違いがありますので、お店の雰囲気やお客さんとの距離にあわせてどちらを使うかを決めるのがいいでしょう。

 

 

 

「お好きなところに」は英語で “wherever you like”

“wherever” なんて聞いたことがない!
という方もいらっしゃるかと思います。
ちなみに、”wherever” 以外にも、”whatever” “whenever” “whoever” “whichever” “however” なんていう “ever” シリーズが存在するのです!
“however” 以外、どれも法則は同じなので、この機会にぜひ覚えちゃいましょう♪
(”however” と聞いて GLAY が脳内で流れる方は私と同世代 ^ ^)

ちなみに、みなさんは中学校で習った5W1Hって覚えていますか?
まずはそこを復習しましょう。

 

5W1Hとは?

▼ 5W

  • what ➡ 何
  • when ➡ いつ
  • where ➡ どこ
  • who ➡ 誰
  • why ➡ なぜ
  • (which) ➡ どっち

 

▼1H

  • how ➡ どうやって

 

 

5W1Hに “ever” を付けるとこうなる!

こういう男性とは結婚してはいけない!
な会話をもとに、”ever” シリーズをご紹介します♪
*あくまでも内木個人の意見です。

▼ 5W

  • whatever ➡ 何でも
    妻 ”What do you want to eat for dinner?”(夕飯何が食べたい?)
    夫 “Whatever.”(何でもいいよ)
  • whenever ➡ いつでも
    妻 ”When do you want to honeymoon?”(新婚旅行、いつ行く?)
    夫 “Whenever.”(いつでもいいよ)
  • wherever ➡ どこでも
    妻 ”Where do you want to go tonight?”(今夜どこに行こうか?)
    夫 “Wherever.”(どこもいいよ)
  • whoever ➡ 誰でも
    妻 ”Who do you want to invite to our wedding party?”(結婚式に誰を招待する?)
    夫 “Whoever.”(誰でもいいよ)
  • whyever? ➡ whyever とは言いません
  • (whichever) ➡ どっでも
    妻 ”Which dress looks good on me?”(どっちのドレスが似合うかなぁ?)
    夫 “Whichever.”(どっちでもいいよ)

 

▼1H

  • however ➡ しかしながら(”but” の丁寧な言い方)
    例:妻 ”I do all the house chores and you do nothing!(すべての家事は私で、あなた何もやってくれていないじゃない!)
    夫 ”However, I work and support you financially.”(しかしながら、僕は働いて君を経済的に支えている)

 

このように、”ever” シリーズは日常生活で色々使えるのです(^ ^)/

 

閑話休題。
まとめるとこのようになります。

 

というわけで、「お好きな席におかけください」は “Please have a seat wherever you like.” となるのです。

 

 

 

次回予告

次回の動画では、「甘め、苦め、軽めのどのビールがよろしいですか?」を英語で何て聞くかをご紹介します♪
See you next time!

 

追伸:
今回の動画撮影では、弊社お客様でもあるガンブリヌス六本木のスタッフの皆さんに多大なるご協力をいただきました。 どうもありがとうございました!! https://roppongi.gambrinus.jp/

 

 

written by 内木美樹(華ひらく代表取締役/飲食店インバウンドの専門家)

 

 

タグ

アーカイブ


最新動画をcheck!

Yutubeで接客英会話を学びませんか? Yutubeで接客英会話を学びませんか?

飲食店で使える英会話のテクニック動画を定期的に配信します。
外国の方が来店した時に慌てない、「やった!」と思える自分に!

Youtubeチャンネルを観る

@LINEで接客英会話情報をチェック! @LINEで接客英会話情報をチェック!

最近の動画やブログ講演の情報をお届けします。
通勤途中に、家事の合間に、寝る前に、片手でいつでも気軽に学べます。

友達に追加する
定期的に情報を更新・接客に役立つ英会話 定期的に情報を更新・接客に役立つ英会話

外国人も通いやすいお店づくりしませんか?

日本人からも外国人からも人気のあるお店になれたら、世界中にお店のファンが増えます。
国籍や言語という壁をなくし、日本を含めた世界中の人たちから「またあのお店に行きたい!」 と思ってもらえるお店になれるように、 接客英会話や英語のメニューの習得はいかがでしょうか。彼ら・彼女らは日本食を楽しみにしているからこそ、店内のスタッフとコミュニケーションをとりたがっています。
飲食店の基本である、お店の雰囲気、料理、そして接客。海外対応できる接客、華ひらくと一緒につくっていきませんか。

もしも、貴社の従業員が英語を話せたら
お店の可能性はどのくらい広がるでしょうか?

接客英会話向けレッスンを
受講したお客様の声