すべての飲食店に接客英会話を。華ひらくの接客英会話ブログ

飲食店が訪日外国人への接客力をあげる方法

【レストラン英会話】「こちらにサインをお願いします」を英語で何て言う?

【ご案内】
弊社代表・内木の初の著書となる

この一冊があれば大丈夫!飲食店が訪日外国人への接客力を上げる方法(音声あり)
が発売されました!
500人の外国人に街頭でインタビューし、飲食店への要望をランキングでまとめました。
そして、その要望への対応方法も具体的にご紹介しています。

その他にも、
・日本と海外の接客の違い
・適切な英語メニューの作り方
・人気の高いメニューの英訳サンプル(PCから印刷可能)
・よく使う接客英会話のフレーズ(音声付)
・海外からのお客様を集客する方法
など内容満載!
「やばい、外国人来た…」から、「やった!外国人来た!」に変われる本です。

 

 

こんにちは!
飲食店に特化した接客英会話レッスンを行っています、華ひらくの内木です。
もうすぐ10月ですね、みなさん、シルバーウィークはいかがでしたか?

先日発表された日本政府観光局(JNTO)の発表によりますと、
8月の訪日外客数は、
「前年同月比63.8%増の181万7千人」
「これまで8月として過去最高だった昨年(111万人)を70万8千人上回った」
だったそうです!

JNTO曰く、

夏休み・バカンスシーズンに向けた訪日旅行プロモーションが需要を喚起したほか、航空路線の拡大、クルーズ船の寄港増加、中東呼吸器症候群(MERS)による韓国からの旅行控えの解消が、近年の査証免除や要件緩和、円安と昨年10月からの消費税免税制度の拡充による買い物需要の拡大とあいまって、数値を大きく伸ばす要因となった。

市場別では、中国が、前年同月比133.1%増の59万人と、2ヶ月連続で50万人台を記録し、全市場を通じての単月過去最高も更新。
韓国、イタリア、スペインも単月として過去最高を記録した。
その他の市場では、台湾、香港、タイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、ベトナム、インド、豪州、米国、カナダ、フランス、ドイツの13市場が、8月として過去最高を更新した。

9月は、韓国での旧盆休暇による連休(9/26~9/29)、
マレーシアのスクールホリデー(9/19~9/27)と祝日(9/16、9/24)、
インドの祝日(9/5、9/25)に伴う3連休、ベトナムの国慶記念日(9/2)と、
アジア地域では休日が多く、旅行しやすい日の並びとなった。
さらに10月には中国で国慶節(建国記念日)もあることから、JNTOとして、
引き続き訪日
プロモーションを推進し、需要喚起を図っていく。

との事。
今年は訪日外国人数1,500万人突破するかもしれませんね!
インバウンドが熱い!!

 

さて、今回の接客英会話は、

(クレジットカードでお支払いされた方に)
「こちらにサインをお願いします」

を英語で何て言うかです。
これは、

「Could you sign here, please?」
クヂュー サイン ヒア プリーズ?

と言いながら、サインをいただきたい場所を指で示せば伝わります^ ^
そして、サインをいただいた後は

「Thank you」

相手の目を見ながら笑顔でいう事をお忘れなく☆

 

lesson

タグ

アーカイブ


外国人も通いやすいお店づくりしませんか?

日本人からも外国人からも人気のあるお店になれたら、世界中にお店のファンが増えます。
国籍や言語という壁をなくし、日本を含めた世界中の人たちから「またあのお店に行きたい!」 と思ってもらえるお店になれるように、 接客英会話や英語のメニューの習得はいかがでしょうか。彼ら・彼女らは日本食を楽しみにしているからこそ、店内のスタッフとコミュニケーションをとりたがっています。
飲食店の基本である、お店の雰囲気、料理、そして接客。海外対応できる接客、華ひらくと一緒につくっていきませんか。

もしも、貴社の従業員が英語を話せたら
お店の可能性はどのくらい広がるでしょうか?

接客英会話向けレッスンを
受講したお客様の声