すべての飲食店に接客英会話を。華ひらくの接客英会話ブログ

飲食店が訪日外国人への接客力をあげる方法

【飲食店専門の英会話】「おいしかった」と言われた時に Thank you 以外で返し方3つ

【飲食店専門の英会話】「おいしかった」と言われた時に Thank you 以外で返し方3つ

お客様から「おいしかった」と頂いた際に Thank you 以外で返す方法3つ

こんにちは!

アメリカのラスベガス近くでウエイトレスとして勤務していました、飲食店専門の接客英語講師&飲食店インバウンド専門家の MIKI です。

このブログでは【高級】な【飲食店】で働く方向けの接客英語をご紹介しています。

 

海外のお客様は、「おいしかった!」「最高だった!」など、感想をとてもストレートに伝えてくださいます。

そのような感想をいただけると、嬉しいですよね(*^ ^*)

でもそんな時、みなさんは何て返答しますか?

やはり “Thank you.” でしょうか。

 

このブログでは、お客様から感想や誉め言葉をいただいた際に、”Thank you” +@で答える方法を3つご紹介します♪

 

動画内の接客英語を確認しよう

動画ではお客様とこのようなやり取りをしています。

  • お客様A:Excuse me, could we have the check please.
  • 店員  :Certainly. I hope you enjoyed your meals.
  • お客様A:It was amazing.
  • お客様B:The beef was very delicious.
  • お客様C:I loved Daiginjou.
  • 店員  :Thank you very much. I appreciate that. I’ll definitely pass it on to the chef. Here is your check. Please pay at the table, whenever you are ready.
  • お客様A:Thank you.

 

 

返答方法① ”I appreciate that.”

“I appreciate that.(アイ アプレシエイ ダッ)” は「光栄です」という意味です。

通常、”Thank you” とセットで使うので、このように言います。

“Thank you. I appreciate that.”
“Thank you very much. I appreciate that.”

これは日常英語でもとてもよく使う言い回しです。

感謝の気持ちを伝える際は本当によく言います。

なので、次回海外のお客様がお見えになって、嬉しいお言葉をいただいた際は、是非 “Thank you. I appreciate that.” をサラッと言ってみてください(^ ^)v

“I appreciate that.” の主語を”I” から “We” に変えて “We appreciate that.” にすると、お店全体で光栄に思っている事が伝わり、よりフォーマル感を出すことが出来ます。

 

 

返答方法② ”I’m very happy to hear that.”

“I’m very happy to hear that.(アイム ヴェウィー ハッピー トゥ ヒアダッ)”
は「そのようにおっしゃっていただけて嬉しいです」という意味です。

こちらも “I appreciate that.” 同様、このように “Thank you” とセットで使うことが多いです。

“Thank you. I’m very happy to hear that.”
“Thank you very much. I’m very happy to hear that.”

感情を表す際は特に、ジェスチャーの重要性が増します。
なので、”I’m very happy to hear that.” の “very happy” の時に胸に手を当てる仕草をすると、よりお客様に感謝の気持ちが伝わりますよ。

 

 

返答方法③-1 ”I’ll pass it on to the chef.”

“I’ll pass it on to the chef.(アイゥ パッシッ オントゥ ダシェ)”
は「(お客様からいただいたご感想を)料理長に申し伝えます」という意味です。

“Pass ●● on to Mr. Suzuki” で「鈴木さんに●●と伝える」という文章になります。

なので、決してシェフに伝えるというシーンのみならず、「何かを誰かに伝えます」と言いたい時に使えます。

この “I’ll pass it on to the chef.” を覚えるコツとしては、1語1語を覚えていくのではなく、1文をまるっとリズムで覚えます。

決してこの文章に限った事ではないのですが、英語上達のポイントの1つに、単語ではなく文章で覚えるが挙げられます。

なので、”I” “will” “pass” “it” “on” “to” “the” “chef” とバラバラに覚えず、”I’ll pass it on to the chef.” を1つと考えて何度も何度も口に出しましょう。

 

 

返答方法③-2 ”I’ll definitely pass it on to the chef.”

ちなみに、上にある動画で店員役の私は、 “I’ll pass it on to the chef.” ではなく、 “I’ll definitely pass it on to the chef.” と “definitely” を付けていました。

“definitely”は「間違いなく」とか「必ず」という意味で、ここにアクセントを置くことで「料理長に必ず申し伝えます」と、文章に深みを出すことができるのです。

英語はコミュニケーションのツールであり、感情や意思を伝えるための手段です。

このような「気持ち」を表現することで、お客様との距離がぐっと縮まり、「また来たい」と思ってもらえるお店になるのです。

なので、できる方はぜひ “definitely” も加えて、感謝の気持ちを伝えることに重きを置きましょう(^ ^)v

 

以上、今日のレッスンでした!

ご質問や感想は Youtube のコメント欄にお願いします♪

 

written by 内木 美樹(飲食店インバウンド専門家/飲食店専門の英語講師)

タグ

アーカイブ


最新動画をcheck!

Yutubeで接客英会話を学びませんか? Yutubeで接客英会話を学びませんか?

飲食店で使える英会話のテクニック動画を定期的に配信します。
外国の方が来店した時に慌てない、「やった!」と思える自分に!

Youtubeチャンネルを観る

@LINEで接客英会話情報をチェック! @LINEで接客英会話情報をチェック!

最近の動画やブログ講演の情報をお届けします。
通勤途中に、家事の合間に、寝る前に、片手でいつでも気軽に学べます。

友達に追加する
定期的に情報を更新・接客に役立つ英会話 定期的に情報を更新・接客に役立つ英会話

外国人も通いやすいお店づくりしませんか?

日本人からも外国人からも人気のあるお店になれたら、世界中にお店のファンが増えます。
国籍や言語という壁をなくし、日本を含めた世界中の人たちから「またあのお店に行きたい!」 と思ってもらえるお店になれるように、 接客英会話や英語のメニューの習得はいかがでしょうか。彼ら・彼女らは日本食を楽しみにしているからこそ、店内のスタッフとコミュニケーションをとりたがっています。
飲食店の基本である、お店の雰囲気、料理、そして接客。海外対応できる接客、華ひらくと一緒につくっていきませんか。

もしも、貴社の従業員が英語を話せたら
お店の可能性はどのくらい広がるでしょうか?

接客英会話向けレッスンを
受講したお客様の声