すべての飲食店に接客英会話を。華ひらくの接客英会話ブログ

飲食店が訪日外国人への接客力をあげる方法

「ご注文内容を確認します」を英語で何て言う?

「ご注文内容を確認します」を英語で何て言う?

英語で注文内容を確認する方法

 

Hi, everyone!
アメリカ・ラスベガス近くのカジノホテルでウエイトレスをしていました、
飲食店専門の接客英会話講師の MIKI です。​

英語でオーダーを受けた際、間違えがない様に、ご注文内容は確認したいですよね。
今日は「ご注文内容を確認します。●●と●●ですね」を英語で何て言うかをご紹介します。

それがこちら。

“So, ●● and ●●.”

 

 

 

動画内の接客英語を確認しよう!

こちらの動画内の接客では、このように会話しています。

  • 店員  :Would you like something to drink?(何かお飲みになりますか?)
  • お客様A:Yeah, of course. Can I have shochu, please?
    (そうですね、焼酎をもらえますか?)
  • 店員  :Sure. We have a variety of shochu. Which one would you like?
    (承知しました。種類を豊富にご用意しておりますが、どちらがよろしいですか?)
  • お客様A:The rice one.(米焼酎で)
  • 店員  :Rice one. How would you like it prepared?
    (米焼酎ですね。飲み方はいかがされますか?)
  • お客様A:I’ll go with “with soda” please.(ソーダ割りで)
  • 店員  :”With soda”. Thank you.
  • お客様B :Can I have beer please.(僕はビールをお願いします)
  • 店員  :Sure. So rice shochu with soda, and beer for you.
    (ではご注文内容を確認します。米焼酎のソーダ割りとビールですね)
  • お客様B :Right.(そうです)
  • 店員  :Thank you very much. I’ll be back with your drinks.
    (ありがとうございます。少々お待ちくださいませ)
  • 店員  :Here is your rice shochu with soda and beer for you.
    (お待たせしました。米焼酎のソーダ割りとビールです)
  • 店員  :Are you ready to order?(ご注文はお決まりですか?)
  • お客様A:We would like boiled tofu, assorted pickles, assorted tempura, and steamed vegetables without meat, please.
    (茹で豆腐と漬物の盛り合わせと、天ぷらの盛り合わせにせいろ蒸しの肉なしでお願いします)
  • 店員  :Sure. So this one, this one, this one, and this one.
    (こちらとこちらとこちらとこちら、ですね)
  • お客様A:Exactly.(そうです)
  • 店員  :Thank you very much. I’ll be back with your meals.
    (ありがとうございます。少々お待ちくださいませ)

 

 

 

 

“So” =「つまり」=「ご注文を確認します」

 

“So” は日常会話でもよく使います。

「つまり」という意味です。

今回のように、文頭に持ってきて

“So, ●● and ●●”  (つまり、●●と●●ですね)

と使う時もありますし、

“So?”  (つまり?/だから?)

と質問する時にも使えます。

 

 

ただ、高級店では “So,” よりも、”Let me repeat your order” を使う事をお勧めします。

こちらの方が断然丁寧ですから。

ちなみに発音は、

「レット ミー リピート ユア オーダー」

ではなく、

「レッミー ゥリピー ユ オーラー」

の方がより伝わる発音になりますよ。

 

カジュアル店と高級店では使う英語が異なります。
(一般的には高級店英語の方が長い。)
ただ、最初は英語に慣れることが大事なので、まずはカジュアル店英語を使い、自然に言えるようになったら高級店英語にチェンジしていきましょう。

 

 

 

 

正しい英語よりもジェスチャーの方がより伝わる!

ご注文を確認する際、品数が少なければ

“So, ●● and ●●.”

とお料理名を言っていけばいいのですが、たくさんご注文をいただいた場合、

“So, ●●, ●●, ●●, and ●●.”

と、1つ1つお料理名を英語で言うのは大変ですよね。

そこで使えるのが “This one” (こちら)です。

ジェスチャーでご注文いただいたお料理を1つ1つ差しながら、

“So, this one, this one, this one, and this one.”
(ご注文を確認します。こちらと、こちらと、こちらと、こちら、ですね)

と、視覚と聴覚で確認する方がよりミスを防げますので、正しい英語を話そうとするのではなく、ジェスチャーを使って伝わる英語を話しましょう!

 

 

 

以上、今日のレッスンでした!

ご質問や感想は Youtube のコメント欄にお願いします♪

 

 

 

 

 

撮影のご協力

今回の動画撮影では、弊社お客様でもある豊年萬福のスタッフの皆さんに多大なるご協力をいただきました。 どうもありがとうございました!!
http://www.hounenmanpuku.jp/

 

written by 内木 美樹(株式会社華ひらく代表取締役/飲食店専門の英語講師)

タグ

アーカイブ


最新動画をcheck!

Yutubeで接客英会話を学びませんか? Yutubeで接客英会話を学びませんか?

飲食店で使える英会話のテクニック動画を定期的に配信します。
外国の方が来店した時に慌てない、「やった!」と思える自分に!

Youtubeチャンネルを観る

@LINEで接客英会話情報をチェック! @LINEで接客英会話情報をチェック!

最近の動画やブログ講演の情報をお届けします。
通勤途中に、家事の合間に、寝る前に、片手でいつでも気軽に学べます。

友達に追加する
定期的に情報を更新・接客に役立つ英会話 定期的に情報を更新・接客に役立つ英会話

外国人も通いやすいお店づくりしませんか?

日本人からも外国人からも人気のあるお店になれたら、世界中にお店のファンが増えます。
国籍や言語という壁をなくし、日本を含めた世界中の人たちから「またあのお店に行きたい!」 と思ってもらえるお店になれるように、 接客英会話や英語のメニューの習得はいかがでしょうか。彼ら・彼女らは日本食を楽しみにしているからこそ、店内のスタッフとコミュニケーションをとりたがっています。
飲食店の基本である、お店の雰囲気、料理、そして接客。海外対応できる接客、華ひらくと一緒につくっていきませんか。

もしも、貴社の従業員が英語を話せたら
お店の可能性はどのくらい広がるでしょうか?

接客英会話向けレッスンを
受講したお客様の声