すべての飲食店に接客英会話を。華ひらくの接客英会話ブログ

飲食店が訪日外国人への接客力をあげる方法

飲食店に特化した接客英会話レッスン 最終日 in 新宿区

飲食店に特化した接客英会話レッスン 最終日 in 新宿区

卒業式

今日で終わりました。
終わってしまいました。。。

私は皆さんのことが大好きでした。
いつでも前向きで努力家で、
「フルで働きながらこれだけの英語を覚えるのに、一体どれだけ努力をしたのだろう…。」
と考えるだけで泣けてきます。

最終日、皆さんは「美樹先生のお蔭で楽しくレッスン出来ました。」とおっしゃって下さいましたが、それは違います。
私のレッスンを受けても、卒業できなかった方、途中でドロップアウトしてしまった方は過去に何名もいらっしゃいました。
それでも皆さんが休まずにレッスンにご参加され、全員無事に卒業出来たのは、紛れもなく皆さんの努力の賜物です。
ですので、どうか自分をたくさん褒めてあげてください。
「私、よく頑張った!」
といっぱい労ってください(^ ^)

 

 

MOEMI へ。

 

常に抜群の安定感でチームを引っ張ってくれた MOEMI。
外国人講師を招いて行った実演練習でも、非常にレベルの高い接客を披露してくれました。
圧巻でした。
「さすが」の一言です!

レッスン前半は周りに遠慮し、引っ込み思案なところがありましたが、後半になるにつれて強さを増し、自分の意見を言える様になりましたね。
それこそが私が期待していた MOEMI の姿です!

これからも、世界中の方につぶつぶ雑穀のおいしさ、素晴らしさを自信を持ってお伝えしていってくださいね。

 

 

 

FUKA へ。

「海外の方を接客する上で大切なのは、英語ではなく表情や姿勢」
接客英会話を教えている私が言うと矛盾している様に聞こえますが、私がレッスンを通じて一番お伝えしたかったのがこれ↑です。

FUKA は他の誰よりも堂々と接客をされていました。
それこそが素晴らしい。
それが出来れば、英語なんて話せなくたって大した問題ではありません。

謙虚に、でも堂々と。
9月からスタートされるつぶつぶさん2期の方々にも、是非 FUKA をお手本にして頂きたいです。

 

 

 

MARIE へ。

誰よりも飛躍されたのが MARIE です。
レッスン初日の MARIE の英語力はなかなかひどいものでした。
しかし、誰よりも努力をし、コツコツと1歩1歩歩き続け、半年後には英語で流暢に接客できるレベルにまで到達されました。

子育てをしながら働き、そして勉強をすることがどれだけ大変か、私もママなので分かるつもりです。
でも、MARIE ならきっと大丈夫だと思ったので、情けはかけませんでした。
そうしたら、彼女は本当にやり遂げてしまいました。
同じママとして、心から尊敬します。

 

 

YUJI へ。

レッスン序盤、YUJI が若干他の3名に後れをとった時期がありました。
その時点で「諦める」という選択肢もあったのかもしれませんが、YUJI は諦めませんでした。
それどころか、他の3人を追い越す場面も多々ありました。

店長という立場である以上、仕事の量も責任も3名に比べて多かった事でしょう。
しかし、一度も言い訳をせず、誰よりも謙虚でした。
そして、チームの「ゆるキャラ」という地位を確立させて常に笑いを届けてくれました影の立役者です。
たくさんの笑いをありがとうございました!

 

 

最後のあいさつの際、泣くつもりは全くなかったのですが、泣き虫な私は涙をこらえる事が出来ませんでした。
それ位、とても思い出深い4名でした。

私の方こそ、皆さんから多くの事を学ばせて頂きました。
とても実りの多い6ヶ月でした。
皆さんと出会えて良かったです。
25回、どうもありがとうございました!!!

 

 

おまけ

なななんと、4名からお手紙とつぶつぶさんのレシピ本を頂いてしまいました!
「やばい、今読んだら本当に涙が止まらなくなる…」
と思い、後でじっくり、何度も拝読しました。
でもやっぱり泣いちゃいました。
(ノД`)・゜・。
MOEMI、FUKA、MARIE、そしてYUJI、6か月間、本当にありがとうございました!!!

 

 

本日の講師:内木美樹(華ひらく代表取締役/飲食店インバウンドの専門家)

 

 

タグ

アーカイブ


外国人も通いやすいお店づくりしませんか?

日本人からも外国人からも人気のあるお店になれたら、世界中にお店のファンが増えます。
国籍や言語という壁をなくし、日本を含めた世界中の人たちから「またあのお店に行きたい!」 と思ってもらえるお店になれるように、 接客英会話や英語のメニューの習得はいかがでしょうか。彼ら・彼女らは日本食を楽しみにしているからこそ、店内のスタッフとコミュニケーションをとりたがっています。
飲食店の基本である、お店の雰囲気、料理、そして接客。海外対応できる接客、華ひらくと一緒につくっていきませんか。

もしも、貴社の従業員が英語を話せたら
お店の可能性はどのくらい広がるでしょうか?

接客英会話向けレッスンを
受講したお客様の声