すべての飲食店に接客英会話を。華ひらくの接客英会話ブログ

飲食店が訪日外国人への接客力をあげる方法

【レストラン英語】「以上でよろしいですか?」は英語で何て言う?

【レストラン英語】「以上でよろしいですか?」は英語で何て言う?

 

「以上でよろしいですか?」を英語で何て言う?

 

 

こんにちは、(株)華ひらくで代表をしております、飲食店インバウンド専門家の内木美樹です。

いよいよ温かくなってきて、春の到来ですね♪
余談ですが、この2月から、お寿司屋さんへの接客英会話のレッスンで、
毎週目黒に行っています。
まだ桜は咲いていませんが、目黒川沿いの桜、キレイなんでしょうね~☆
桜の開花まであと2週間くらいかな?
時期が来たら、家族でお花見に行こうと思います♪

 

 

さて、今日のレストラン英語は、ご注文を取って、最後の確認として聞く「以上でよろしいですか?」を英語で何て言うかについてです。
こちらを英語では、

Anything else?
エニシン エス?

と言います。

“Anything else?” を直訳すると、「他にはありますか?」という意味ですので、
訳としては「以上でよろしいですか?」と同じです。

 

サーバーが “Anything else?” と聞いて、もし他にも注文したい物があれば、お客様は

“Yeah, can we get ○○?”
(ええ、○○を頂けますか?)

など、他の注文へと続くでしょうし、他になければ、

“Nope. That’s it!”
(いいえ、以上です!)

というようにおっしゃってくるでしょう。

 

ですので、オーダーをとる一連の流れとしては、

サーバー:Are you ready to order?
お客様: Yeah, can we have this salad and…
サーバー:Anything else?
お客様: Nope. That’s it!
サーバー:Thank you.

という会話になります。
海外からお客様がお見えになったら、是非使ってみてくださいね~!

 

 

ちなみに、”Anything else?” は短くて覚えやすい分、カジュアルな言い方です。高級店では、頭に “May I get” をくっつけて、”May I get anything else?” と言うと、全く失礼にあたらない、丁寧な英語になりますよ★

 

 

 

written by 内木美樹(華ひらく代表取締役/飲食店インバウンドの専門家)

 

 

タグ

アーカイブ


外国人も通いやすいお店づくりしませんか?

日本人からも外国人からも人気のあるお店になれたら、世界中にお店のファンが増えます。
国籍や言語という壁をなくし、日本を含めた世界中の人たちから「またあのお店に行きたい!」 と思ってもらえるお店になれるように、 接客英会話や英語のメニューの習得はいかがでしょうか。彼ら・彼女らは日本食を楽しみにしているからこそ、店内のスタッフとコミュニケーションをとりたがっています。
飲食店の基本である、お店の雰囲気、料理、そして接客。海外対応できる接客、華ひらくと一緒につくっていきませんか。

もしも、貴社の従業員が英語を話せたら
お店の可能性はどのくらい広がるでしょうか?

接客英会話向けレッスンを
受講したお客様の声