すべての飲食店に接客英会話を。華ひらくの接客英会話ブログ

飲食店が訪日外国人への接客力をあげる方法

【飲食店の接客英語】「お好みでどうぞ」を英語で何て言う?

【飲食店の接客英語】「お好みでどうぞ」を英語で何て言う?

「お好みでどうぞ」は英語で “as you like.”

こんにちは。

アメリカのラスベガス近くでウエートレスとして勤務していました、(株)華ひらくの接客英会話講師 MIKI です。

 

お客様にお料理と一緒にソースをお出しする際に、「お好みでどうぞ」って言ったりしますよね。

それを英語で何て言うか、ご存知ですか?

こんな風に言うのです。

“As you like.”

 

 

動画内の接客会話を確認しよう

動画ではお客様とこのようなやり取りをしています。

  • 店員  :Here is your assorted tempura and steamed vegetables.
    (こちらが天ぷら盛り合わせと蒸篭蒸しです)
  • お客様A:So big!(でかいな!)
  • 店員  :Please eat tempura with salt, and steamed vegetables with ponzu vinegar or sesame sauce, as you like.
         (天ぷらはお塩と一緒にお召し上がりください。
         蒸篭蒸しはお好みでポン酢か胡麻ソースをどうぞ)
  • 店員  :Please enjoy.(ごゆっくりどうぞ!)
  • お客様B:Thank you.

 

 

 

ポイントはお料理とソースを出してから “as you like.”

“as you like” を使う際のポイントをご紹介します。

  1.  まずはお料理をお出しする
  2.  それからソースをお出しする
  3.  そして “as you like.”

 

例えば天ぷらを出してから「天つゆかお塩をお好みでどうぞ」と言う場合。

まずは “Here is your assorted tempura.” と、天ぷら盛り合わせをお出しします。

それから、”Here is your tempura sauce ans salt.” と、天つゆと塩を出します。

最後に “As you like.” と続きます。

 

ただ、英語では短い期間で同じ言葉を何度も言うのはNGとされています。

上記では “Here is your” を2度使っていますよね。

なので、このように簡略化します。

“Here is your assorted tempura and tempura sauce and salt, as you like.”

 

 

 

“as you like” と “as it is” がごちゃごちゃにならないように!

以前の動画で、”as it is”(そのままでお召し上がりください)をご紹介したの、覚えていますか?

 

弊社の生徒さんの中には、”as it is” と “as you like” がごちゃまぜになってしまい、「あれ、どっちだっけ?」と混乱される方、結構いらっしゃいます。

「お好みで」の方は好むという動詞の “like” が入っている方、という風に覚えておいてくださいね。

 

 

以上、今日のレッスンでした!

ご質問や感想は Youtube のコメント欄にお願いします♪

 

 

 

 

 

撮影のご協力

今回の動画撮影では、弊社お客様でもある豊年萬福のスタッフの皆さんに多大なるご協力をいただきました。 どうもありがとうございました!!
http://www.hounenmanpuku.jp/

 

written by 内木 美樹(株式会社華ひらく代表取締役/飲食店専門の英語講師)

タグ

アーカイブ


最新動画をcheck!

Yutubeで接客英会話を学びませんか? Yutubeで接客英会話を学びませんか?

飲食店で使える英会話のテクニック動画を定期的に配信します。
外国の方が来店した時に慌てない、「やった!」と思える自分に!

Youtubeチャンネルを観る

@LINEで接客英会話情報をチェック! @LINEで接客英会話情報をチェック!

最近の動画やブログ講演の情報をお届けします。
通勤途中に、家事の合間に、寝る前に、片手でいつでも気軽に学べます。

友達に追加する
定期的に情報を更新・接客に役立つ英会話 定期的に情報を更新・接客に役立つ英会話

外国人も通いやすいお店づくりしませんか?

日本人からも外国人からも人気のあるお店になれたら、世界中にお店のファンが増えます。
国籍や言語という壁をなくし、日本を含めた世界中の人たちから「またあのお店に行きたい!」 と思ってもらえるお店になれるように、 接客英会話や英語のメニューの習得はいかがでしょうか。彼ら・彼女らは日本食を楽しみにしているからこそ、店内のスタッフとコミュニケーションをとりたがっています。
飲食店の基本である、お店の雰囲気、料理、そして接客。海外対応できる接客、華ひらくと一緒につくっていきませんか。

もしも、貴社の従業員が英語を話せたら
お店の可能性はどのくらい広がるでしょうか?

接客英会話向けレッスンを
受講したお客様の声