すべての飲食店に接客英会話を。華ひらくの接客英会話ブログ

飲食店が訪日外国人への接客力をあげる方法

「食べられないものはありますか?」を英語で何て言う?

「食べられないものはありますか?」を英語で何て言う?

【飲食店の接客英語】
「食べられないものはありますか?」を英語で何て言う?

 

Hi, guys!
アメリカ・ラスベガス近くのカジノホテルでウエイトレスをしていました、
飲食店専門の接客英会話講師の MIKI です。​

さて、今回の動画は、お料理のご注文を取りながら、「何か食べられないものはありますか?」と、質問する方法です。それがこちら。

Is there anything you can’t eat?

 

 

 

動画内の接客英語を確認しよう!

こちらの動画内の接客では、このように会話しています。

  • お客様  : What types of tempura do you recommend?(どの天ぷらがおすすめですか?)
  • 店員  :Is there anything you can’t eat? (食べられないものはありますか?)
  • お客様 :No, I can eat everything.(いや、何でも食べられますよ)
  • 店員 :Alright! So,,,(それであれば、、、)

 

 

 

「食べられないものはありますか?」は “Is there anything you can’t eat?”

世の中には、

  • 食物アレルギーをお持ちの方
  • 宗教の関係で口にできない食材をお持ちの方
  • ベジタリアンの方

など、私たちが想像もできないような食材がNGという方は多くいらっしゃいます。

日本ではまだこれらの方々はマイノリティですが、人口の大半が(豚やお酒を口にできない)ムスリムという国も数多くあります。

 

今年の秋に開催されるラグビーW杯では、多くの国の方がというよりは、オーストラリア、イギリス、ニュージーランド、南アフリカなど、来日される方々の国は限られると思いますが、2020年の東京オリンピック・パラリンピックは違います。

本当に多くの、様々な方々が首都圏にワッと訪れることは、火を見るよりも明らかです。

当然、食べられない食材をお持ちの方もいーっぱい来日されるでしょう。

 

「食べられないものはありますか?」を(しかも英語で!)質問するのは非効率化もしれません。

しかし、飲食店に一番大切なのは、おいしさや楽しさよりも安心・安全です。

どの国の方が来店されても、安心してお食事を楽しめることができる環境をご用意するのが、飲食店の最大で最低限の務めだと、私は考えています。

 

大丈夫。東京オリンピック・パラリンピックまではあと1年あります。

これから毎日、”Is there anything you can’t eat?” を聞くように習慣をつけて、海外の方がワッと来日されてもご対応できるよう、準備を始めましょう!

 

 

 

「食物アレルギーはお持ちですか?」は “Do you have any food allergies?”

 

「食物アレルギーはお持ちですか?」を英語で聞く際は、”Do you have any food allergies?” といいます。

ここでのポイントは、「アレルギー」の発音です。

「アレルギー」といってもほぼほぼ通じませんので、「アレルギー」ではなく「アラジー」といいましょう。(現在公開中の「アラジン」みたいな!)

 

 

 

 

撮影のご協力

今回の動画撮影では、弊社お客様でもあるガンブリヌス六本木のスタッフの皆さんに多大なるご協力をいただきました。 どうもありがとうございました!! https://roppongi.gambrinus.jp/

 

 

written by 内木美樹(華ひらく代表取締役/飲食店インバウンドの専門家)

タグ

アーカイブ


最新動画をcheck!

Yutubeで接客英会話を学びませんか? Yutubeで接客英会話を学びませんか?

飲食店で使える英会話のテクニック動画を定期的に配信します。
外国の方が来店した時に慌てない、「やった!」と思える自分に!

Youtubeチャンネルを観る

@LINEで接客英会話情報をチェック! @LINEで接客英会話情報をチェック!

最近の動画やブログ講演の情報をお届けします。
通勤途中に、家事の合間に、寝る前に、片手でいつでも気軽に学べます。

友達に追加する
定期的に情報を更新・接客に役立つ英会話 定期的に情報を更新・接客に役立つ英会話

外国人も通いやすいお店づくりしませんか?

日本人からも外国人からも人気のあるお店になれたら、世界中にお店のファンが増えます。
国籍や言語という壁をなくし、日本を含めた世界中の人たちから「またあのお店に行きたい!」 と思ってもらえるお店になれるように、 接客英会話や英語のメニューの習得はいかがでしょうか。彼ら・彼女らは日本食を楽しみにしているからこそ、店内のスタッフとコミュニケーションをとりたがっています。
飲食店の基本である、お店の雰囲気、料理、そして接客。海外対応できる接客、華ひらくと一緒につくっていきませんか。

もしも、貴社の従業員が英語を話せたら
お店の可能性はどのくらい広がるでしょうか?

接客英会話向けレッスンを
受講したお客様の声