すべての飲食店に接客英会話を。華ひらくの接客英会話ブログ

飲食店が訪日外国人への接客力をあげる方法

読売新聞に掲載されました!

読売新聞に掲載されました!

メディア情報 第26弾

昨日のお知らせの通り、本日の読売新聞の朝刊の「くらし面」に、弊社のレッスンが写真付で掲載されました!

 

ちなみに、「取材を終えて」の個所にこのように書かれてあります。

「英語が苦手だから、日本人の同伴者がいない外国人のお客さんはお断りしているんです」。昨年、外国人が多く訪れる東京都心部の飲食店で店主からそう聞いた。店主に悪意はなく、「仕方がない」といった様子をにじませていた。

外国人という理由で入店をお断りするのは人種差別だと、私は考えています。

会話って、言葉が通じなくても、身振り手振りで何とかなるものです。

本人にコミュニケーションを取ろうという意思があるならば。

 

 

私は大して英語が話せない状態で渡米しました。

アメリカに住んでいた頃、殆どの方はとてもいい方で、私が困っていると助けてくれましたが、言葉や人種を理由に差別を受けたこともありました。

今となってはいい経験ですが、あの時の悔し涙は一生忘れないと思います。

 

 

私は接客に関わる人間として、せっかく日本に来てくださった方々に、あのような想いは絶対にさせたくありません。

きっと上記の店主は、英語を覚える気はさらさらないでしょうから、弊社のレッスンにも全く興味を示さないでしょう。

別にそれはそれで構いません。

ただ、来店されたお客様の言葉や人種が何であれ、笑顔でお出迎えするのが接客業の基本のはずです。

「英語が苦手だから」という理由で平気で人種差別するような人は、接客業から退いていただきたいものです。

 

タグ

アーカイブ


最新動画をcheck!

Yutubeで接客英会話を学びませんか? Yutubeで接客英会話を学びませんか?

飲食店で使える英会話のテクニック動画を定期的に配信します。
外国の方が来店した時に慌てない、「やった!」と思える自分に!

Youtubeチャンネルを観る

@LINEで接客英会話情報をチェック! @LINEで接客英会話情報をチェック!

最近の動画やブログ講演の情報をお届けします。
通勤途中に、家事の合間に、寝る前に、片手でいつでも気軽に学べます。

友達に追加する
定期的に情報を更新・接客に役立つ英会話 定期的に情報を更新・接客に役立つ英会話

外国人も通いやすいお店づくりしませんか?

日本人からも外国人からも人気のあるお店になれたら、世界中にお店のファンが増えます。
国籍や言語という壁をなくし、日本を含めた世界中の人たちから「またあのお店に行きたい!」 と思ってもらえるお店になれるように、 接客英会話や英語のメニューの習得はいかがでしょうか。彼ら・彼女らは日本食を楽しみにしているからこそ、店内のスタッフとコミュニケーションをとりたがっています。
飲食店の基本である、お店の雰囲気、料理、そして接客。海外対応できる接客、華ひらくと一緒につくっていきませんか。

もしも、貴社の従業員が英語を話せたら
お店の可能性はどのくらい広がるでしょうか?

接客英会話向けレッスンを
受講したお客様の声