すべての飲食店に接客英会話を。華ひらくの接客英会話ブログ

飲食店が訪日外国人への接客力をあげる方法

【レストラン英語】「ご注文をお伺いします」は英語でなんて言う?

【レストラン英語】「ご注文をお伺いします」は英語でなんて言う?

「ご注文をお伺いします」を英語でなんて言う?

 

こんにちは、(株)華ひらくで代表をしております、飲食店インバウンド専門家の内木美樹です。

 

今日はまた寒かったですね(>_<)
もう3月で、花粉もこんなに舞っているので、温かいのかな~なんて思って
薄着で出かけたら大誤算でした。
私以外の方々は冬物のコートを着用されていましたよ。
出かける前に天気予報見ないと、こういう結果になるんですよねー。

 

さて、飲食店で働いている皆様は、

「ご注文お伺いします」
「ご注文お決まりですか?」

というフレーズ、1日に何回も言いますよね?
ではこれ、英語にすると何になるのでしょうか?



正解はこちら↓

Are you ready to order?
アーユー レディ トゥ オーダー?

 

“Are you ready” は結構聞きなれたフレーズですよね?
それに、”to order?” を付け足していただければバッチリです。

しかし…、
この “Are you ready to order?” って、私たち日本人が最も苦手とする「R」が
4つも入っているんですよね。。。
なので、人によっては言いづらいかもしれません。
そんな方は、

May I take your order?
 ア テイ ユ オーダー?

にしてもOKです。

 

ちなみに、”Are you ready to order?” はカジュアルな言い方です。
カジュアルな分、お客様との心理的な距離が近く、フレンドリーさを出すことが出来ますが、丁寧さには少し欠けます。

一方で、”May I take your order?” は “May I~” で始まっている分、丁寧な言い方になりますので、高級店で働かれている方には後者をオススメします。

 

“May I~”は「~してもよろしいですか?」という意味で、お客様に許可を取る時に使います。
例)May I take your plates?(お皿をお下げしても宜しいですか?)

 

 

言いたい事1つをとっても、

  • カジュアル店向きの言い方
  • フォーマルな言い方

がありますので、一番いいのはお店の雰囲気やお客様に合わせて
言い方を変える事です。(こちらは日本語でも同じですね)
ただ、
「カジュアルな言い方はこれだけど、フォーマルはこれ」
と覚えることが山積みだと、混乱を招いてしまう可能性がありますので、
まずはご自分の言いやすい言い方を覚えるのがいいと思います。
それを、海外からのお客様が来店する度にいう事で、自信にも繋がるはずです。
そして、自信がついてきたら他の言い回しも学んでいきましょう☆

 

 

 

written by 内木美樹(華ひらく代表取締役/飲食店インバウンドの専門家)

タグ

アーカイブ


外国人も通いやすいお店づくりしませんか?

日本人からも外国人からも人気のあるお店になれたら、世界中にお店のファンが増えます。
国籍や言語という壁をなくし、日本を含めた世界中の人たちから「またあのお店に行きたい!」 と思ってもらえるお店になれるように、 接客英会話や英語のメニューの習得はいかがでしょうか。彼ら・彼女らは日本食を楽しみにしているからこそ、店内のスタッフとコミュニケーションをとりたがっています。
飲食店の基本である、お店の雰囲気、料理、そして接客。海外対応できる接客、華ひらくと一緒につくっていきませんか。

もしも、貴社の従業員が英語を話せたら
お店の可能性はどのくらい広がるでしょうか?

接客英会話向けレッスンを
受講したお客様の声