すべての飲食店に接客英会話を。華ひらくの接客英会話ブログ

飲食店が訪日外国人への接客力をあげる方法

日本の飲食店は、もっとホストやホステスを見習うべき!

ここで言うホストやホステスに、性的な(いやらしい)意味は全く含まれていません。
無論、「お触りOKにするべき」なんて言うつもりはさらさらありません!

何が言いたいかと言いますと、
「●●が食べたい(飲みたい)から、今日は◆◆(店名)に行こう!」
「◆◆(店名)の雰囲気が好きだから、今日のご飯はそこにしよう!」
だけではなく、
「○○さん(飲食店で働くスタッフ)に会いたいから、今日は◆◆(店名)に行こう!」
という理由でお客さんに選んでもらえるお店づくりをしてみてはいかがでしょうか?
という事です。

タイトルで挙げたホストやホステスは正にこの典型的なパターンですよね?
食事やお酒は二の次三の次。
お客さんは好きなホストやホステスに会いに行き、一緒に空間を楽しむために、あれだけのお金を払っているわけです。
これ自体、全然悪い事はありません。
むしろ、人を惹きつける力を磨く努力を日々されているホストやホステスは素晴らしいです。

 

ちなみに、私がウエイトレスとして働いていたアメリカでは、
好きなフードサーバー(ウエイター/ウエイトレス)に会いに飲食店に行く
という事は決して珍しい事ではありませんでした。

アメリカではテーブル担当制なので、お客さんが席に着いたら、必ず担当のフードサーバーは、お飲み物のご注文を伺う前に、
「今日、こちらのテーブルを担当させていただくMikiです。」
と自己紹介をしに行きます。

担当フードサーバーがただ普通に注文を取って、お料理を提供して、としていたなら、お客さんは「またこの人に担当になってもらいたい!」とは思いません。
しかし、優秀なフードサーバーはこのような事まで心がけますので、お客さんは
「またMikiに会いたいから、◆◆(店名)に行こう!」という理由で、来店してくださるのです。

【私は見た!アメリカの優秀なフードーバーがやっていた事】
1)常に笑顔を忘れない
2)明るく元気よく対応
3)お客さんの目を見て接客
4)今日のおすすめを具体的に紹介する
5)お客さんとの日常会話も楽しむ
6)メニューを熟知している(入っている食材・味等)
7)お客さんのグラスが空になる前に、次の飲み物を聞く(空になってからでは遅い)
8)時間のかかるお料理や、キッチンが立て込んでいてすぐには提供できない場合、事前に報告する(これにより、お客さんから「まだですか?」という質問が出ない)
9)食後のデザートも当然の様に提案
10)お客さんの様子を見ているので、フォークが落ちた・ナプキンが足りなさそうという時は、お客さんから言われる前に差し出す
11)他の従業員とも円滑なコミュニケーションを取る(お客さんの前だけいい顔をしている人は、すぐにばれる)
12)お勘定に手書きで簡単なメッセージを書く
13)同じフォークを何度もお使いいただく事がない様に、サラダにはサラダ用のフォークを、メインにはメイン用のフォークをご提供する
14)小さな子供がいる場合、子供の食事を最優先でお出しする
15)妊婦さんには「寒くないですか?」「お水に氷は入れますか?」等のケアも忘れない
16)忙しくてすぐにお客さんのテーブルに行けない時も、「すぐに伺いますので、少しお待ちくださいね」という細かなコミュニケーションを大切にする
17)「お味や焼き加減はいかがですか?」「(お塩など)足りないものはありませんか?」と、おいしく食べて頂くための配慮も欠かさない
18)複数回お見えになっているお客さんの顔と名前はしっかり覚え、「John、いつもご来店ありがとうございます!」という感謝をきちんと伝える
19)空いたお皿はすぐに片づけ、食後の空間も楽しんでいただく
20)お客さんが帰られる際は、きちんとお礼を述べる(流れ作業の1つではない)

 

これらは決して、特別なことではありません。
もちろん、日本とアメリカでは文化が違うので、一概に真似できないものもあると思いますが、多くの内容は、今すぐ日本の飲食店でも取り入れられるのではないでしょうか?

 

実際に上記の事を当たり前の様にやっていたフードサーバーにはファンも多く、入店時に
「○○(好きなフードサーバー)の担当のテーブルは空いていますか?」
と聞いているお客さんもいる程でした。
そのような方が増えてくれれば、顧客満足度、お店の売上、そして本人のモチベーションが向上しますよね。
経営者にとっては願ったり叶ったりです。

 

私はこれまで、日本でも多くの飲食店を訪れましたが、
「また絶対に食べたい料理」
にはたくさん出会えました。でも、
「また絶対に会いたいフードサーバー」
にお会いした事は、殆どありません。

味であれ人であれ、お客さんの記憶に残るって非常に大切です。
「人」に会いに来てもらう事を目指して、これを機にサービスの質を見直してみてはいかがでしょうか?

タグ

アーカイブ


最新動画をcheck!

Yutubeで接客英会話を学びませんか? Yutubeで接客英会話を学びませんか?

飲食店で使える英会話のテクニック動画を定期的に配信します。
外国の方が来店した時に慌てない、「やった!」と思える自分に!

Youtubeチャンネルを観る

@LINEで接客英会話情報をチェック! @LINEで接客英会話情報をチェック!

最近の動画やブログ講演の情報をお届けします。
通勤途中に、家事の合間に、寝る前に、片手でいつでも気軽に学べます。

友達に追加する
定期的に情報を更新・接客に役立つ英会話 定期的に情報を更新・接客に役立つ英会話

外国人も通いやすいお店づくりしませんか?

日本人からも外国人からも人気のあるお店になれたら、世界中にお店のファンが増えます。
国籍や言語という壁をなくし、日本を含めた世界中の人たちから「またあのお店に行きたい!」 と思ってもらえるお店になれるように、 接客英会話や英語のメニューの習得はいかがでしょうか。彼ら・彼女らは日本食を楽しみにしているからこそ、店内のスタッフとコミュニケーションをとりたがっています。
飲食店の基本である、お店の雰囲気、料理、そして接客。海外対応できる接客、華ひらくと一緒につくっていきませんか。

もしも、貴社の従業員が英語を話せたら
お店の可能性はどのくらい広がるでしょうか?

接客英会話向けレッスンを
受講したお客様の声