すべての飲食店に接客英会話を。華ひらくの接客英会話ブログ

飲食店が訪日外国人への接客力をあげる方法

【レストラン英語】「お話し中にすみません」を英語で何て言う?

【ご案内】
弊社代表・内木の初の著書となる

この一冊があれば大丈夫!飲食店が訪日外国人への接客力を上げる方法(音声あり)
が発売されました!
500人の外国人に街頭でインタビューし、飲食店への要望をランキングでまとめました。
そして、その要望への対応方法も具体的にご紹介しています。

その他にも、
・日本と海外の接客の違い
・適切な英語メニューの作り方
人気の高いメニューの英訳サンプル(PCから印刷可能)
よく使う接客英会話のフレーズ(音声付)
海外からのお客様を集客する方法
など内容満載!
「やばい、外国人来た…」から、「やった!外国人来た!」に変われる本です。


 

とっても久しぶりに動画をアップしました♪
今日のお題は、

「お話し中にすみません」

を英語で何て言うかです。

飲食店で使える言い方は3つあるので、全てご紹介します。

① I’m sorry for disturbing you.
(アイムソーウィー フォー ディスタービンユー)

② I’m sorry for bothering you.
(アイムソーウィー フォー バザーリンユー)

③ I’m sorry for interrupting you.
(アイムソーウィー フォー インターラプティンユー)

お客様が会話を楽しまれている時は、「お話し中にすみません」と言ってからみなさんのお話を始めて下さい。
大抵のお客様は、

That’s OK!
(いいですよ!)

と受け入れて下さるはずです^ ^

 

お客様にお料理を楽しんでいただくのはもちろんですが、いい接客で気持ち良くお帰りいただく事もみなさんの大事なお仕事の1つですよね?
何も言わないままお客様の会話に割り込むのと、上記を言ってから入るのでは相手の印象が全然違います。
海外のお客様相手にも、マナーのある接客を心がけましょう♪

 


華ひらくは、飲食店(レストラン・バー)に特化した「接客英会話レッスン」を行っています。
レッスンにご興味ある方は、是非弊社ホームページをご覧ください。
//hana-hiraku.com/restauran

タグ

アーカイブ


外国人も通いやすいお店づくりしませんか?

日本人からも外国人からも人気のあるお店になれたら、世界中にお店のファンが増えます。
国籍や言語という壁をなくし、日本を含めた世界中の人たちから「またあのお店に行きたい!」 と思ってもらえるお店になれるように、 接客英会話や英語のメニューの習得はいかがでしょうか。彼ら・彼女らは日本食を楽しみにしているからこそ、店内のスタッフとコミュニケーションをとりたがっています。
飲食店の基本である、お店の雰囲気、料理、そして接客。海外対応できる接客、華ひらくと一緒につくっていきませんか。

もしも、貴社の従業員が英語を話せたら
お店の可能性はどのくらい広がるでしょうか?

接客英会話向けレッスンを
受講したお客様の声