すべての飲食店に接客英会話を。華ひらくの接客英会話ブログ

飲食店が訪日外国人への接客力をあげる方法

べったら市 in 小伝馬町

お客様から突如

「小伝馬町でべったら市やってますよ!」

と教えていただきました。

本当は帰って仕事しようと思ってましたが、べったら漬けを食したことはないですし、これも何かのご縁なので、早速行ってみました♪

ちなみに、べったら漬けの説明はこちら↓(ウォーカープラスから引用)

“べったら漬け”は、麹と砂糖などの甘味料で大根を漬け込んでいるため、衣服にべったりとついてしまうことから名づけられている。かつて若者が「べったりつくぞぉ~、べったりつくぞぉ~」と叫びながら縄に縛った大根を振り回し、参詣客の着物の袖につけてからかっていたのだとか。

 

そして小伝馬町到着。

小雨が降っていましたが大賑わい!

多くの屋台が出ていて、右も左も食べ物ばっかり!!

屋台を愛して止まない私ですが、ただいま決死の覚悟で減量中・・・

泣く泣く指くわえて通り過ぎました。

 

 

まずは宝田恵比寿神社でお参りです。

「今まで神社に行ったらお願い事をしていたけど、これからはお礼を言う為に参拝しよう!」

と決めた矢先でしたので、早速神様に日頃のお礼を申し上げました。

 

そしてメインのべったら漬けへ!

べったら漬けを売っている屋台がずらーっと並んでいたので、どこで買えばいいのかわからず、一番手前の「東京新高屋」さんで購入。

人生発べったらで挙動不審になっていた私ですが、おばさんもおじさんもとてもフレンドリーで、緊張がほぐれました(*^ω^*)

おじさんには「いい笑顔だねぇ!」とお褒めの言葉をいただきました。ありがとうございます!

 

気分が良かったので、夕飯用にお惣菜(棒状になっていて、中に色々な具が入っているさつま揚げ)も購入。

ここでも「お姉さん、いいの選ぶねぇ!」と褒められ、もうルンルン♪

 

 

お客様から教えていただいたお陰で、とても楽しい時間を過ごせました。

やっぱり、人のおすすめは素直に聞くべきですね♪

 

タグ

アーカイブ


外国人も通いやすいお店づくりしませんか?

日本人からも外国人からも人気のあるお店になれたら、世界中にお店のファンが増えます。
国籍や言語という壁をなくし、日本を含めた世界中の人たちから「またあのお店に行きたい!」 と思ってもらえるお店になれるように、 接客英会話や英語のメニューの習得はいかがでしょうか。彼ら・彼女らは日本食を楽しみにしているからこそ、店内のスタッフとコミュニケーションをとりたがっています。
飲食店の基本である、お店の雰囲気、料理、そして接客。海外対応できる接客、華ひらくと一緒につくっていきませんか。

もしも、貴社の従業員が英語を話せたら
お店の可能性はどのくらい広がるでしょうか?

接客英会話向けレッスンを
受講したお客様の声