中原哲也さま

~株式会社ジェイプロジェクト~
全国に約140店舗もの飲食店を展開されている大企業。
芋蔵、てしごと家、ほっこり、GAPPO、豊年萬福等を運営されています。

今日はお時間いただきどうもありがとうございます!インタビューどうぞよろしくお願いします。

 よろしくお願いします。

では、早速質問させていただきます。英会話レッスンを導入しようと思った理由を教えていただけますか?

 東京で銀座や新宿、渋谷にお店を出しているのですが、訪日外国人が多くて、インバウンドのニーズが今後増えていく中、他社に比べると弊社はメニュー表記とかが遅れているからですね。最低限のことはやっているにしろ、実際の英語でのコミュニケーションとなると全くなので。あとは、豊年萬福(中央区日本橋)の存在が大きいですよね。あそこはThe Japanese というお店ですし、外国人客の来店も多いので、英会話研修やったほうがいいだろうことで決まりました。
 個人で英語をやりたいと思っているスタッフも結構いますけど、世にある英会話スクールって日常会話がメインじゃないですか?でも欲しいのは仕事で使える英会話なので、色々探して、華ひらくさんを見つけて、実践的だったので、「じゃあ1回やってみよう」となりました。

「インバウンド対策始めなきゃね」というのは、2016年の頭くらいからずっと話していらっしゃったんですか?

 いや、ずっとです。ずっと言ってて、文面だけのマニュアルみたいなのも作ったりしていたんですよ。「いらっしゃいませ」は英語でこう言って、というような。でも結局、身につかなかったんですよね。
 僕自身は個人でスクールに通うとしていたんですね。で、何社か説明聞きに行ったらえらい高かったんですよ。2年で100万とか。助成金申請をすれば負担金が軽くなるとか聞いたんですけど、面倒くさいじゃないですか?しかもそれが最低ラインのプランだったんですよ。僕は静岡行ったり岡山行ったりと出張が多くて。結構長期滞在するんですね。なかなか通えないのにこの金額は難しいなと思ってて。一応他の大手企業にも聞きに行ったんですけど、どこも同じような値段設定だったんですよね。で、うちの研修担当から「こういうのありますよ」って聞いて、「じゃあやろうよ」ってなりました。

初回のお打合せに同席してくださいましたが、その時点で「会社負担ではなく、個人の自腹でやろう」っておっしゃっていましたよね?

 自腹じゃないとみんなやらないと思います。僕らは不規則な生活をしているので、会社負担にしたら参加率もっと低いと思います。しかも、会社負担にすると「やらされ感」がどうしても出ちゃうんですよね。でもこういうのって自主的にやらないと意味ないと思うので。

弊社からの提案を受けられ、どのような印象を受けましたか?

 「やってみないと分からないから、やってみようよ」って思いましたね。

レッスンを受けてみて、感想いかがですか?

 すごくいいと思いますよ。
 僕個人の話をすると、ちょうどタイミングも良かったんですよ。というのも、僕みたいな管理職って色んな店舗を転々としているので、あまりお客さんの前に立たないんですね。どちらかというとスタッフを見ている立場なので。なので、「やろう!」って決めたはいいものの、「俺、使わねぇな」って思ったんです。なんですけど、色々あって2016年の11月頃からここ(銀座店)のお店にほぼ毎日立っているんですね。そうなると、銀座なので外国人多い、でもしゃべれるスタッフ少ない、あ、ちょうどいいなと。
 銀座はビジネスで滞在されている方はほとんどいないんですね。品川なら空港からも近いのでビジネスの方も多くて日本語話せるお客さんも結構いらっしゃるんですけど、銀座は観光客ばかりなので、習った事をそのまま使えるんですよ。

海外のお客さんはどれくらいの頻度で来店されていますか?

 昨日(日曜日)は3~4組くらいお見えになりましたね。平日は少ないんですけど、土日は結構多いですね。席の半分は外国人という時もちょくちょくあります。

レッスンがお役に立っている様で嬉しいです。

 最近は簡単な英語の文面をアルバイトの子に渡して、「これを言ってきなよ」とか言ってます。「Are you ready to order?(ご注文はお決まりですか?)」とか。今の所、この店には僕しか英語がしゃべれる人がいないので、外国人客が来る度に僕が呼ばれるんです。でも最近は、「とりあえず単語が言えれば大丈夫だから。あとはジェスチャーで!」って言って、他のスタッフを練習させています。
 やっぱり一番使えるのは、「Welcome to sushi restaurant」から始まるレッスンソングですね。あれを覚えていればほぼ大丈夫です。うちのお店は鉄板なので、「How would you like that cooked?(焼き加減はどのように致しますか?)」も毎回聞きます。
 使う英語ってほぼ限られているんですよ。「Would you like something to drink?(お飲み物は何にされますか?)」「Are you ready to order?(ご注文はお決まりですか?)」「How would you like that cooked?(焼き加減はどのように致しますか?)」「Please enter your PIN(PIN番号をご入力ください)」「As you like(お好みでどうぞ)」。これらが言えれば、ほぼ大丈夫ですね。

それくらいなら、バイトの子も言えますしね。

 そうなんです。昨日もこうやって英語の質問事項を紙に書いて、「これを聞いてこい」って言いました。
 お客さんの中にはフランスやロシアと言った英語圏ではない方も結構多いんです。そうすると向こうも単語しか分からないので、お互い簡単な英語でやり取りしています。

では最後に、弊社のレッスンの良い点と改善してほしい点をいただけますか?

 いいところは、本当に実践で使える、先生がフレンドリー、いい意味で自己責任。宿題とかちゃんとやれば、本当に伸びると思います。
 改善してほしいところは…ないですね。うん、ないです。

てっちゃん、どうもありがとうございました!!

お問合せはこちら
↑