すべての飲食店に接客英会話を。華ひらくの接客英会話ブログ

飲食店が訪日外国人への接客力をあげる方法

大事なのは、子育てをする親が心にゆとりを持つことでは?

先日の「ナイナイアンサー」にご出演されたモデルの道端アンジェルカさんの
以下の発言が話題になっているようです。

「週に1度は夫婦で着飾って外食したい。子供は連れて行かない。
絶対にベビーシッターさんに預ける」
「もちろん子どもは大切だけど、夫婦が男女でいることが一番大事だと思う」
「昼間のうちに遊ばせて疲れさせる。夜はシッターさんに寝かせてもらって、ゆっくりディナーしたい」
「子どももママが幸せそうな顔で帰ってきたらうれしいと思うよ」

この発言について、ネットでは反発が起こっているようで。

「母親が子供をベビーシッターに預けて遊ぶなんてアホじゃないかっておもう」
「親になる資格なし。子供産む資格なし」
「小さいうちくらいは全力で愛を注いであげようよ」

お気持ちは分からなくはありません。
しかし、私(一児の母)はアンジェリカさんの意見に賛成です。
なぜなら、仕事に向き不向きがあるように、子育てにも当然、
向き不向きがあります。
子供を産んだからといって、だれもがいい母親になるとは限らない。
私のように子育てに向いていない人間が、
「私は母親なんだから、ずっと子供のそばにいてあげなくちゃ!」
「誰かに子供を預けるなんて、母親失格の人がすること」
と自分に言い聞かせると、心のバランスはすぐに壊れます。
(実際に、何度も経験しました…)
どんどん心に余裕がなくなって、本当は自分が望んでいたはずの子育てが、
気持ち的には「義務」になってきて、子育てを心から楽しめていない自分が
母親失格のような気になって、ますます自分で自分を追いつめてしまう…。
誰かが、
「子育てなんて適当でいいの!たまにはベビーシッターに子供預けて、
ぱ~っと遊んでおいで!」
と背中を押してくれたら、どんなに救われるか…

少なくとも、私が住んでいたアメリカでは、ベビーシッターに子供を預けるなんて
当たり前の話!
だって、親だけで子供を育てるなんて無理だもの!!
もちろん、親が共働きだから預けているのももちろんですが、
夜に夫婦水入らずでディナーに出かけるから、子供はシッターに見てもらう事は
ザラにある話です。
どうして、日本では子供を産んだら母親は自分の体も気持ちも子供に捧げるのが
美なの?

そもそも、子供は本当に母親とずっといることを望んでいるのでしょうか?
もちろん、子供によっては「ずっとママと一緒にいたい」という子もいるでしょう。
しかし、「ママといるのも好きだけど、他の友達(人)と遊ぶのも好き!」
という子だってたくさんいるはず。

これはいとこから聞いた話です。
いとこには7歳の長男と4歳の長女がいます。
長女は生まれた時からママ大好きっこで、ずっとママとおままごとをするのが
好きだったようですが、長男はそうでもなかったそうです。
いとこにとって長男は第一子だったので、彼女自身子育てにいっぱいいっぱいで、
しかも出産を機に専業主婦になったので、
「人に子供を預けるなんて…」
と思っていたそうです。
しかし彼女が熱を出し、病院に行く間だけ長男を近くの保育園に預けた際、
彼女は後ろ髪を引かれる思いだったのに、長男は
「じゃあね、お母さん!バイバイ!!♪」
と、喜んで中に消えていったとか…
しかも、その後まぁまぁの頻度で、
「お母さん、また僕を保育園に預けないの?また保育園で遊びたいな~」
と聞いてくるんだとか…(笑)

このように、
子供=親とずっと一緒にいたいと思っている
は大人が勝手に考えていることであって、その子がどう思っているかは
その子にしか分かりません。
子供それぞれ違うんです!
なので、「子供を預けるなんて子供がかわいそう」という考えは、
間違っていると思います。
そして、そういう価値観が、日本のお母さんをとても苦しめています。

今とても深刻なニュースになっている
子供への虐待
産後クライシス
産後うつ
も、このような価値観の産物だと思います。
もし、国民の多くが
「お母さんだって人間なんだから、週に1回くらいは子供を預けて遊んできなよ!」
「子供にとって親の笑顔が最高の栄養!子育てなんてテキトーでいいから、
その分心に余裕を持てる工夫をしようね」
という考え方を持てば、虐待も産後クライシスも産後うつも、随分減ると思います。

こんなことを今では偉そうに書いている私ですが、私自身子供を産むまでは、
心にゆとりを持つことが子供にとってどれだけ大事か、本当に理解はしていませんでした。
親の心にゆとりがあれば、きっと子供はのびのび育つと信じています。
ですのでどうか皆さん、日本のお母さんに寛大であってください。
どうか私たちに、心のゆとりをください。

タグ

アーカイブ


外国人も通いやすいお店づくりしませんか?

日本人からも外国人からも人気のあるお店になれたら、世界中にお店のファンが増えます。
国籍や言語という壁をなくし、日本を含めた世界中の人たちから「またあのお店に行きたい!」 と思ってもらえるお店になれるように、 接客英会話や英語のメニューの習得はいかがでしょうか。彼ら・彼女らは日本食を楽しみにしているからこそ、店内のスタッフとコミュニケーションをとりたがっています。
飲食店の基本である、お店の雰囲気、料理、そして接客。海外対応できる接客、華ひらくと一緒につくっていきませんか。

もしも、貴社の従業員が英語を話せたら
お店の可能性はどのくらい広がるでしょうか?

接客英会話向けレッスンを
受講したお客様の声